race


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

種族について

AIONには3つの種族が存在する。
天族と魔族はプレイヤーが扱える種族であり、竜族はNPCです。

ディーヴァ(Deva)の存在

アイオンでプレーヤーの分身であるアバタは皆'ディーヴァ'と呼ばれる存在たちです.
これらは絶対的な神と有限である人間の中間的存在であるデミゴット(Demigod) すなわち半身(半神)です.
ディーヴァは人間から生まれて人間のような姿で成長するが,ディーヴァになる運命を生れついた人々は幼い頃から他の人間よりすぐれた能力を保有しています.
きっかけや試練を通じて自分の潜在力に覚醒することによって初めてディーヴァのになれます.

ディーヴァは平凡な人間に比べて “オードエネルギー”(今後説明になる予定)を扱うことができる能力を持っています.
たまに人間の中にもオードを扱うことができる者等がありますが,その力を扱うには多くの努力と訓練を要し,その成長に限界があるので,
オードを本能的に扱うディーヴァに比べればその格差は非常に大きいといわざるをえないでしょう.

ディーヴァと人間の大きいな違いはその'不滅性'です. 人間は肉体が破壊されれば'死'に至るようになるがディーヴァは肉体が破壊されればその魂がオードエネルギーで肉体を再構成してまた生き返えることができます.
もちろんこの過程で記憶の一部喪失されるといった副作用があることはありますが, 不死の存在であるディーヴァは人間の逃れることができない「死」という概念は疎いです.

アイオンの世界でディーヴァは周辺のNPC(人間・守護族等)とに大きな違いがあります. ディーヴァは社会の特権階級と同時に支配層でまた竜族やライカン, クラルなどの荒しい亜人種の侵略から人間たちを保護する英雄みたいな存在たちです. 人間はディーヴァになった皆さんに尊敬示すはずで, 皆さんはそういう彼らを面倒を見て種族のために戦地で先に立って争うようになるでしょう.(簡単にいえば、昔の貴族・武将)

天族

最初、天族と魔族は「永遠の塔」を守護した神聖な種族ディーヴァでした. しかし, 千年戦争中に「アリエル」に付く分派と
‘アスペル’に付く分派があり、それによって対立するようになりました.
竜族たちが ‘永遠の塔’を崩壊させる言葉尻を提供したのが実際どちらの責任なのかは今のところは不明ですが, この事件をきっかけに二つの勢力は「天族」と「魔族」で完全に別れるようになり、お互いに見敵必殺、不具戴天の敵という状況になってしまいました.

天族は穏やかで柔らかい印象をしていますが, 敵には絶対慈悲を見せないで容赦なく切り取ってしまう断固たる姿も見えたりする.
天族が羽を広げる姿は非常に秀麗ですがかと言って決して脆弱な存在とはいえない.
戦地に出る天族兵士らの謹厳な威容はクラル族やライカン族といった下級種族たちを恐怖に追いこむに十分といえる.

遷都エリシウム

「遷都(天都)エリシウム (Elysium)」は天啓(天族の住む大地)の中央及び空中にある都市の名前と同時に,国家の名前です.
住民の多数をディーヴァが占めていますが,'エリシウム'は軍事及び行政機関に勤める
天族の人間と商圏を掌握している守護族たちも居住していて賑やかな都市です.
そんな遷都に居住することができずにエリシウム以外で居住する天人及び人間に遷都は神聖な都市と同時に羨望と憧憬の対象となっています.

最初'遷都エリシウム'は,慈しみ深い主神'アリエル'がこの治めた地上の城に過ぎませんでした.
しかし竜族,魔族との戦争が徐々に激化し,天族の拠点と同時に軍事的要衝地として生まれかわりました.

三種族間の'大破国'後,'遷都エリシウム'は破壊され,天族は'遷都エリシウム'を再建しようとしていましたが継続的に他の種族が侵攻を行ってきており、再建は非常に困難でした.
これに'アリエル'をはじめとした五つ主神は魔力を精一杯集めて'エリシウム'を丸ごと空中に浮かべるという荒業を行ったのです.
こうして空中に浮かぶようになった'遷都エルリシウム'は現在の威容を誇る姿となったのです.

徐々に都市の交流及び交易が活発になることによって'エリシウム'は軍事的要衝地だけではなく'行政と経済'の役目も担うようになりました .
しかし空中という制限のある空間のため徐々に増加する居住民及び流動人員を収容することができなくなりました.
そのため 'エリシウム'を中心に自然に地上にも村が形成され,その規模もますます大きくなり現在の'エリシウム'になる基盤となりました.

このような繁栄を基盤として現在の'エリシウム'は軍事要衝地劣らず天啓の'行政と経済'の中心地としても重要な役割を担う都市となったのです.

天啓の顔と同時に繁栄の象徴である'遷都エルリシウム'の代表的な施設及び建物は交流及び交易の中心になる'非公正'船場と天啓で一番規模が大きい'キベルリウム'が存在します.
それ以外にもディーヴァの実戦訓練のための訓練場,商取引施設及び銀行など各種便宜施設が存在しています.

一方 , まだその実体に対して明らかではありませんが'遷都エリシウム'には,ディーヴァの中でも上位階級のディーヴァだけが秘密裡に入場することができる
神聖な区域があると言います.その噂の真偽はまだ明確に把握はないが,今後上位級ディーヴァになれば自然に分かるでしょう.

魔族

G-ster2007で情報初開示

竜族

過去「永遠の塔」を取り囲んだ千年戦争の原因でもあった「竜族」. プレイヤーは操作できないが、ゲームを進行するにおいて必ず対面する種族です.

彼らは他の種族に比べてすぐれた戦闘能力を持っていますし, 非常に好戦的なので自分たち以外の種族に対し排他的です. このために天族との戦争が絶えません.

クラル・ライカン・守護の各種族

クラル族

クラル (Krall) 族はアトレイア全域にかけて分布してある亜人種の一つです.
人間より圧倒的に強い体力と力を生れついて持っており, 特有の好戦性と勇猛さで隣近の野獣や下級種族たちを屈服させて広い領土を支配して,さらに勢力を広げています.

特に天啓のクラル族はブラウニー(Brownie)らを力で服属させて奴隷として使っています.

ブラウニー族は力が強いクラル族に喜んで労動力を提供しているように見えます.
彼らの労動力が主に必要な部分は採掘です.

あちこちに建てられたクラル族採掘場では数多いブラウニ族が地面を掘り、天啓の景観を荒廃化させています.~

クラル族が奴隷たちを使ってまでそのように死に物狂いで採掘に熱をあげる理由は,「オーディウム」を生産するためだからです.
「オーディウム(Odium)」にはオードエネルギーの結晶体がまじっていてクラル族はこれを利用して自分たちの能力をもっと育てているのです.~

ライカン族

「ライカン」は荒々しい野獣の姿をした種族で魔界地域に広く分布しています.
「ライカン」は機敏な動きと動物的な戦闘感覚を生れついた種族でパンデモニウムの魔族には非常に脅威な存在です.~

ライカン族は自然親和的な性向の社会を成しています.
これらは周辺の環境によく融化する習性を持っていますが彼らに攻撃的な勢力が現われれば躊躇せず,その非常に好戦的で勇猛な性格を見せます.

ライカンの武器は軽く鋭いもので遠距離の敵に投げることができる形態をしています.
これは彼らの素早い動きに最適化された選択と思われます. むしろ近接戦闘ではクラルなどと比べて弱いかもしれません.

またライカンは周辺に棲息する野獣たちを手懐けて精神的交感でこれらを扱います.ライカン族は手懐けた野獣を戦闘で積極的に活用します.

魔界のライカン族は「無文」族と共生関係を維持しています.
体が小さくて力が弱い無文族はライカンの保護を受ける代りに各種生産活動を助けています.
ライカンは無文族が採集する‘オデルだと’ 薬草を加工して自分たちの力を強化させるのに使います.
その薬草にはオードの力が込められていると言います. このオデルだと薬草は破壊されたアイオン塔で放出されたオードエネルギーを吸収する性質を持ったと伝わります.

ライカンの身体的優越性にもかかわらず魔界の覇権を掌握することができなかった理由は協調心の不足からです.
彼ら個々の能力はすぐれるが小規模中心の社会は組織的軍事活動にむしろ阻害になるという分析です. ただ, 種族全体に危機が迫って来れば誰だとするまでもなく戦場もっぱらこれから跳びこむ姿を見せたりします.

守護族

守護(Shugo)族は天族と魔族双方と友好的な種族で, アトレイア世界で商取引を掌握しています.
他の種族に比べて柄が小さい方な人々は臆病でけんかを忌避する性向があるが, 身体的な劣勢を覆す計算力と親和力で乗り越えます.
正しくこんな強点が守護族を最高の商人たちで作ってくれました.

千年戦争当時、戦争を避けて都市で寄り集まった守護族はある新しい天啓と魔界両方皆の商圏を掌握し始めました.
この過程で守護族の中で一部はオビスを通じて各種物品を取り引きして最大の商圏を持った‘黒い雲貿易団(仮称)’という,
実際密輸業者や違いない組職を作って活動しています(これらに対しては後ほどもっと詳しい情報をお知らせいたします).

守護族は利口で計算に早くて主に商人, 銀行員, ベンド(販売中継である) の方と攻防などの分野にたくさん属しています. これからプレーヤーが都市へ行って物品を交換するとか攻防でアイテムを製作するとかあるいは委託販売する場合会うでしょう.

コメント

名前: