部内でも1,2を争う増員スキー。じゅんに次ぐチャリンカー
かまども暖炉も無いのに意味不明な食料基盤を構築して
いつのまにか大家族を養うカサコソ。

勝率も上位にランクインするが基本は正統派。
牛が好きで乳を搾らせれば右に出るものはいない。
追い込みや工業系は若干苦手。

【好きなカード】

  • 乳搾り
  • 搾乳台
  • 出来高労働者
  • 家畜買い
  • 大農場管理人
  • 葦の家
  • 個人の森
  • ヤギ
  • 葦集め
  • 網漁師
  • 織機
  • ヴィラ
  • 木骨の小屋
  • 族長
  • 村長
  • 鋤手
  • 牛車

【好きなコンボ】

  • 乳搾り+搾乳台
  • 踊り手+魔術使い
  • 庭職人+火酒作り
  • 柵見張り+家畜買い(ルール的に微妙だけど)
  • ギルド長+かご編み(+陶工)
  • 庭師+強力餌



【最近の所業】


12/4

  • 帰り間際、はらみのスタンドにつく。
ドラフトで得たのは愛人、レンガの柱、畑番、パン焼き桶あたりが主力。
後は石切り場回したのでやむなく止めたぶらつき学生と書き机、とりあえず押さえたレンガ置き場、
畑番が回ってくる前に初手で取った折り返し鋤、レンガの柱があるんだからと取らせた執事など。

当然愛人出して暖炉取って畑番で麦を食う戦略だったんだけど、
ラウンド1スタプレのみ手→日雇い→愛人とやっている間に
げどうさんが葦石木→レンガ3で既にレンガ暖炉資材確保の構え。
その後、穀物スコップと種屋が出てきてどうみても小麦焼くのが確定。暖炉は間に合わない。
暖炉が取れないとどう見てもはらみが脱輪しそうなのでカサコソアドバイスを送る。

まずかまどを押さえて、ラウンド4に本来なら使う予定全く無しだったぶらつきを出させる。
(小農夫や大学者が手札にいるのでかなりゴミ。畑番と執事を出す為&食料基盤に使った)
そして即職業3並べてレンガ置き場を出す。レンガ置き場だしてるのにレンガ3に行こうとするはらみを
鉄拳制裁で優しく諭しつつ、レンガと石確保して製陶所。
かまど&製陶所&ぶらつきで食料基盤作ってから改築+レンガの柱。
畑番の起動は大幅に遅れたので鋤出して畑フォローの体制作ったところで私は帰宅。

食料はちょっと辛いが何とかなる。レンガ置き場あるから製陶所は余裕でボーナス3点取れる。
執事も出ればレンガの柱あるから3点取れるはず。手数余ったらレンガ置き場で加点も出来る。
木が少なくて柵が辛そうだったけど40点くらいには出来るはずなので
最後までトップ争いに参加できるんじゃないかな~と予想。

家に帰ったら45点ではらみが勝利してた。あの状況で45点は相当頑張ったと思う。
そして自分が勝った時より数倍嬉しかったのはなぜだろうw

ドラフト時点の戦略が崩壊しても諦めなければ勝てる典型みたいな形だった。


  • 今日は4戦2勝2着2回。
緒戦は5番手で炭焼きという非常に微妙な形。
しかも毒見職場長に石買い付け人までいる非常に重たい場。
限界まで手数圧縮して何とか勝利。

2戦目は2面打ちだったのでお得意のヴィラ左官屋コンボであまり頭使わない方針。
そしたら4枚目に畑守が回ってきて驚愕w
(あまきの初手に毒見ほら吹き畑守といたらしい)
またも毒見がいる展開に辟易しつつもヴィラ畑守で負けるわけにはいかず、
48点と点数は伸びないものの勝利。

3戦目は季節労働者+レンガ坑で日雇い三昧。
全体的に手数苦しい局面であまきのネズミ捕りが炸裂し
1点あまきに届かずの2着。無念。
けーじろーが出した炭焼きが12~13回も働きやがったw
私が緒戦で出したときは5回しか働かなかったのに。

4戦目は手元に出来高+葦の家+木骨の小屋+村長が揃うと言う
なんともゴージャスな手札に。
ただぜつが葦買い付け人+石買い付け人+柄つき網+梁という酷い買い付け状態だったので
ちょっと資材の集まりが遅くなり、結果盤面の点数がほとんど伸びなくなるという結果に。
51点まで行ったけど結局じゅんさんの57点に遠く及ばず敗北。
マークがきつかったのと展開にめぐまれなかったのもあるけど、多分村長を早めに見切って
畑諦めていれば家畜とカード点で5点以上伸ばせた。カードボーナス点につられて負ける駄目な負けパターン。
出来高葦の家で負けるとか酷いなぁ……。まあそれがあるから面白いんだけど。

私がやった4戦全て買い付け人orネズミ捕りor毒見が出るという非常に重たい展開ばかりだった。
もっと気軽に出来る展開を求む!!!w


名前:
コメント: