※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

戯言を書き連ねる場となりました。


●No.147 畑商人 Land Agent
 土地には所有者がおり、中世ヨーロッパでは大抵、教会や貴族がそれに当たる。
 実際に畑を耕すのは土地を借りた農民であり、税(収穫物や金)を貸主に納めなければならない。
 しかし、教会や貴族が直接取り立てるはずもなく、そこで登場するのがこのLand Agent:地所差配人である。
 彼らは権力者に代わって農民から税を取り立てる。
 そして時にはお目をこぼす。
 つまり、ごまをすられるのだ。
 農民が野菜を納め、また野菜を取り立てに行けば小麦を懐に忍ばせてくれる。
 それが、Land Agentの仕事である。

●No.148 大学者 Academic
 中世ヨーロッパの大学は、現在のそれと余り変わることがない。
 Academic:大学研究者は、教鞭を取る教授と、学問を研究する研究者の二足の草鞋を履かねばならなかった。
 それゆえにAcademicは、職業2つ分にカウントするのである。

●No.149 パン焼き長老 Master Baker
 中世のパン屋は粉屋や小麦の集積地近くに集まって店を構える。
 ギルドやツンフトといった組合のようなものを作り、互いに助け合って生活していた。
 その長、親方、あるいは代表者が、Master Baker:パン職人長なのである。
 パン屋は火事の火元になりやすいこともあり、例えば城壁の外に集落を作らされることもあった。
 お互いにパンを焼く火を共有し、共存して行くことはこの時代のパン屋には不可欠なことだったのである。

●No.150 パン職人 Baker
 中世のパン屋についてはパン焼き長老の項を参照する。
 Baker:パン職人は町に住む全ての人の胃を支える大事な職業だが、その働きは小麦の値段に大きく左右され、意外と大変だ。
 そして、実は大きなライバルがいる。
 それについてはパン屋の項を参照されたし。

●No.151 建築士 Master Builder
 中世の建築家は、有名な工匠などを除き、ほとんどが職人であり、パン職人などと同じくギルドを作る。
 パン職人にとってのパン焼き長老にあたるのが、建築職人にとってはMaster Builder:建築職人長なのである。
 建築職人のギルドは、塗装職人、左官職人、木工職人などが寄りあう形のものが多い。
 それらをまとめ、率いるのだ。


to be continued...