原寸消失。文字の小ささに絶望した!!

駆け出しの頃から住んでいた安さだけが取り得の冒険者向けの下宿が
黄金暦99年2月、建物の老朽化や諸々の事情で急遽1週間後に取り壊される事になってしまう。
自分一人なら宿屋を渡り歩いても良いか、こつこつ蒐集してきた鉱物コレクションが
壊れてしまう可能性があるので大慌てで即入居可能な下宿を探した所、
引退した冒険者夫婦が営むアットホームな下宿「木漏れ日荘」しか空いていなかった。
今まで味わった事の無い一般の家庭的な雰囲気に戸惑いながらも
現在は晩酌の酒量をどうやって増やしてもらおうか思案するくらい平和に暮らしている。
ちなみに食事は朝昼晩でるので外食する場合は事前に言っておかないと怒られる。

氷の魔導器
巻物状、オール金属で出来ている
適性の無い者は留め金を外す事が出来ない。
使用者の魔力で形成される譜面は半透明で
魔力が強い程美しく多くの六花模様が浮かぶ。
引っ張り出しても勝手に巻き戻る。

人名
夫:サイモン・リジンディム
妻:アウラ・リジンディム
娘:ノーラ・リジンディム


添付ファイル