(「振り回されるな……」)
 月影の下、一人装備の点検をしていた狩名・功太朗(闇駆奔星・b03873)は、
自身の感情に戸惑い小さく頭(かぶり)を振った。
「――――」
 迷いを乗せられた両の腕はゆっくりと近づき、その手に持った二つの金属塊を打ち合わせる。
 手入れを終えた愛刀を収める澄んだ音で、大きな戦いを前に高ぶった心を断ち切る。
「――――」
 虫の声がかすかに届いてくる。吹く風が奏でるのは、草葉を揺らし重ねる涼やかな音色。
 いつもなら好ましく思う大地の合奏も、今の功太朗には煩わしいとさえ感るものだった。
(「僕は、なんの為にここにいる?」)
 それは幾度となく繰り返された自問であり、未だ答えの見えない宿題だった。
 手に入れた土蜘蛛の力。その強大な力の使い道と、己の貫きたい意志……。
 ゴーストを哀れむ心と、戦いに、力を振るうことに沸き立つ心。
(「まだまだだな、僕は……」)
 ゆっくりと瞳を閉じる。
 意識を感情の海の底へと、さらにその先へと深く沈めていく。
 五感を自己から隔離し、内なる漆黒の世界の中で雑念を一つずつそぎ落とす。
(「余計なことを考えていては、命を落とす。余分な物を抱えていては、命は守れない」)
 いつかどこかで聞いた言葉が胸に浮かぶ。
 大事なのは、いま。
 いま何をするべきなのか、何をしたいのかということ。
 瞼の奥に映るのは、背中を預け合うかけがえのない女性。
 明るく元気いっぱいで、それでいて本当は寂しがりやな最愛の女の子。
(「そして」)
 たくさんの、守りたい大切な人々の笑い顔。
「うん、そうだね。いまは――それだけでいい」
 一番大事なことを忘れなければ、しっかりと握り締めていれば、きっと大丈夫だ。
 功太朗が決意を新たにしたその瞬間に、ひときわ強い風が吹き抜ける。
 一陣の風は功太朗の纏う白いコートをはためかせると共に、夜明けのにおいを運んできた。
「――さぁ、出発だ」
 二振りの宝刀を携え、功太朗は静かに立ち上がる。
 開かれたその瞳に迷いはなく、眼(まなこ)はしっかりと『今』を見据えていた。
【マスター候補生:紫堂空】



実験台に当選して作らせて貰ったショートストーリー。
当選者一覧にキャラ名があった時は本気で目を疑いました…!