※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

分量多すぎて悲鳴。中二、軽二


NX-NB-LR/LEGS (BIPED-N・L)

  • LRで速度を上げたい場合は積載ではなく重量をチューンするのがおススメ(積載チューンでもブースト速度は上がるが、重量チューンならば速度上昇だけでなく挙動も軽くなるため)しかし軽量脚など積載が少なければ積載をチューンした方が速くなる場合も。迷ったら両方試してみるべし。


中量二脚

  • オールマイティな脚。ヒーロー願望の象徴的パーツ群。
  • キャノンは使えないが機動力と火力の両立が比較的容易。
  • クレスト製はAPが全体的に高め。ミラージュ製はその逆だが、積載の割に自重が軽く速度でクレスト製を上回る物が多い。
  • 概ね重量・積載を半々でチューンするときに最速になる。

CR-LH69S

堅実にまとめ上げられた性能を持つ第一世代機
  • 初期足。見た目に騙されるパーツナンバー1。初期パーツの中では最も優秀。
  • 省エネかつ高い実弾防御。序盤のミッションで重宝する。


  • NX・NB
    • チューン不可なのが辛いが、初期パーツにしては硬くて安定性も高い。
  • NB
    • 稼動時の消費ENが僅かに削られている。
  • LR
    • 積載量が若干増加した。
作品 NX NB FF LR
メーカー クレスト
価格 49600 - 49600
AP 3514 3514 3514 3514
重量 2510 2510 2510 : 2384 (-126) 2510 : 2384 (-126)
稼動時消費EN 1938 1744 1744 1744
待機時消費EN 1177 1177 1177 1177
脚部最大積載量 6044 6044 6346 : 6544 (+198) 6346 : 6529 (+183)
実弾防御 608 608 608 : 628 (+20) 608 : 635 (+27)
エネルギー防御 447 447 447 : 479 (+32) 447 : 479 (+32)
冷却性能 1280 1280 1280 : 1463 (+183) 1280 : 1463 (+183)
移動性能 210 210 210 210
旋回性能 114 114 114 114
ブレーキ性能 124 124 124 124
着地時安定性能 1522 1522 1522 1522
被弾時安定性能 1299 1299 1299 1299
ジャンプ性能 95 95 95 95

LH01-LYNX

基本性能のバランスが良い二脚型第一世代パーツ
  • 3系で猛威を振るった高機動型。N系では軽くて安くて性能もそれなり。
  • 独特の縦長なデザインを持つ膝蹴り足。カッコいい。
  • 性能は軽二パンサーの中二互換、もしくはクーガー2の見事な廉価版という印象。序盤で中二の高機動機を作る場合で出番はあるか。
  • APと安定性、そして脚回りで重要な旋回性が低く、内装に絡む冷却も低い上に値段も分相応とビジュアル面以外ではあまり長所が無い。
  • 意外に高いEN防御が序盤のミッションの助けになるかも。本格的に求めるならLYNX2の方が良い。


  • NB
    • 稼動時消費ENが削られ、積載量が増えている。
作品 NX NB LR
メーカー ミラージュ
価格 40000
AP 3099 3099 3099
重量 1870 : 1808 (-62) 1870 : 1808 (-62) 1870 : 1808 (-62)
稼動時消費EN 2295 2066 2066
待機時消費EN 926 926 926
脚部最大積載量 5485 : 5711 (+226) 5759 : 5985 (+226) 5759 : 5971 (+212)
実弾防御 497 : 525 (+28) 497 : 525 (+28) 497 : 532 (+35)
エネルギー防御 527 : 553 (+26) 527 : 553 (+26) 527 : 553 (+26)
冷却性能 849 : 1097 (+248) 849 : 1097 (+248) 849 : 1097 (+248)
移動性能 218 218 218
旋回性能 113 113 113
ブレーキ性能 111 111 111
着地時安定性能 1205 1205 1205
被弾時安定性能 1192 1192 1192
ジャンプ性能 105 105 105

LH02-LYNX2

高いAPとエネルギー防御力を持つLYNXの改修機
  • 昔から良い目を見ないEN防御特化型。兎にも角にも燃費が悪く、旋回性も悪い。
  • 装甲の割に軽く、APも高い。従来のEN防御特化中量2脚よりは扱いやすくなっている。燃費さえ他フレームでなんとか出来れば高APと高機動の両立が可能。
  • 膝からスネにかけての出っ張りがチャームポイント。


  • LR
    • E防特化パーツとして対AMIDA、パル戦などにオススメ。自重が軽いので下のDINGOと同レベルの速度なのも強み。
    • 価格も安めで修理費も抑えられる。LRでのジェネ出力向上もあってアセンに組み易くなった。
作品 NX NB LR
メーカー ミラージュ
価格 43000
AP 3305 3305 3305
重量 1831 : 1773 (-58) 1831 : 1773 (-58) 1831 : 1773 (-58)
稼動時消費EN 2583 2325 2325
待機時消費EN 1645 1645 1645
脚部最大積載量 5677 : 5893 (+216) 5961 : 6177 (+216) 5961 : 6163 (+202)
実弾防御 486 : 515 (+29) 486 : 515 (+29) 486 : 522 (+36)
エネルギー防御 587 : 609 (+22) 587 : 609 (+22) 587 : 609 (+22)
冷却性能 905 : 1144 (+239) 905 : 1144 (+239) 905 : 1144 (+239)
移動性能 226 226 226
旋回性能 111 111 111
ブレーキ性能 118 118 118
着地時安定性能 1303 1303 1303
被弾時安定性能 1121 1121 1121
ジャンプ性能 108 108 108

LH04-DINGO

消費エネルギーの低さと防御力のバランスが良い新設計パーツ
  • LH01-LYNXと同じく3系で結構活躍した脚部。やはり弱体化。
  • 妙に生脚っぽいデザインが特徴的。数少ない双発補助ブースタタイプ。
  • 軽く、EN消費も少ないので高機動戦闘に向く。
  • COUGAR2の廉価版。消費ENと重量が優位のため使えない事は無いが、上から数個のパラ以外ほぼ負けている。数値的にはDINGO2とほぼ二択。
  • DINGO2、COUGAR2と比べると旋回、安定性が劣るのが辛いが、他のスペック的にはほぼ二つの足の中間と考えて差し支えない。明らかに勝る点はズバリ半額以下の価格。機動戦重視なら序盤~中盤で重宝するだろう。


  • NB以降
    • AP・重量・冷却が削られ、積載量が増えている。
    • 中量二脚中最軽量かつCOUGER2以上の積載量を持つため、余剰積載により中二では最速のブースト速度を出せる。それでいて待機Eが低いので高機動戦闘では非常に優秀。高APもポイント。
    • 旋回性能や安定性能が低いので、扱いにくさは残る。
作品 NX NB LR
メーカー ミラージュ
価格 50000
AP 3250 3088 3088
重量 1992 : 1918 (-74) 1793 : 1719 (-74) 1793 : 1739 (-54)
稼動時消費EN 1627 1627 1627
待機時消費EN 754 754 754
脚部最大積載量 5794 : 6004 (+210) 6084 : 6294 (+210) 6084 : 6280 (+196)
実弾防御 562 : 586 (+24) 506 : 530 (+24) 506 : 541 (+35)
エネルギー防御 431 : 464 (+33) 431 : 464 (+33) 431 : 464 (+33)
冷却性能 1139 : 1343 (+204) 1082 : 1286 (+204) 1082 : 1295 (+213)
移動性能 222 244 244
旋回性能 117 117 117
ブレーキ性能 113 113 113
着地時安定性能 1497 1497 1497
被弾時安定性能 1230 1230 1230
ジャンプ性能 114 114 114

CR-LH73SSA

装甲を強化し、重装型並みの防御力を持つ性能特化型
  • 実弾防御特化型。やや重いが、同じ特化型のLH02-LYNX2と比べれば燃費が良い分多少使いやすいか?
  • 自重のため速度が低下しがちで、価格も同じような速度&防御バランスの重逆関節より高額。実防特化パーツとしても今一つ押しに欠ける。安定も特に高いわけでないため実防特化なら重逆の方がオススメかも。
  • 中2最低レベルのジャンプ力&旋回性能も足を引っ張る。低ジャンプ力はデメリットばかりでもないが上記の自重による速度低下もあるのでこの場合だとちと辛い。
  • 積載量はそれほどでもない。装甲重視型。
  • CR-LH92S3と比べるとAPとE防がかなり見劣りする。


  • NX・NB
    • この辺の重量からは基本的にGULLでは鈍い。どうにかしてB83TPを使いたい所。
  • LR
    • 高威力のEN攻撃を喰らいやすいLRのミッションでは非常に戦場を選ぶ。まちがっても飛行AMIDAやパルヴァライザー相手には使わない事。
作品 NX NB LR
メーカー クレスト
価格 58000
AP 3448 3448 3448
重量 2605 : 2469 (-136) 2605 : 2469 (-136) 2605 : 2469 (-136)
稼動時消費EN 1667 1667 1667
待機時消費EN 812 812 812
脚部最大積載量 5814 : 6023 (+209) 5814 : 6023 (+209) 5814 : 6023 (+209)
実弾防御 694 : 708 (+14) 694 : 708 (+14) 694 : 715 (+21)
エネルギー防御 438 : 470 (+32) 438 : 470 (+32) 438 : 470 (+32)
冷却性能 988 : 1215 (+227) 988 : 1215 (+227) 988 : 1215 (+227)
移動性能 205 205 205
旋回性能 110 110 110
ブレーキ性能 141 141 141
着地時安定性能 1689 1689 1689
被弾時安定性能 1455 1455 1455
ジャンプ性能 90 90 90

CR-LH80S2

軽量化を目的にLH73SSAを改修した第三世代機
  • LN−1001Bの血を引く中量2脚のスタンダードモデル。見た目よりも軽く、燃費も良好。使いやすさは一級品。
  • これも補助ブースターが双発のモデル。
  • 従来のスタンダードタイプより旋回が上がり、大分使い易く。しかしCOUGER2に喰われているため出番は少ない。
  • クレスト製中2で機動戦を想定するなら、ほぼ必然的にこれになる。速度はLH89Fに若干劣るが旋回で大分上回る。欠点は安定がやや低い点か。
  • ミラージュ製の機動重視タイプに比べると速度で大分劣るのがネック。AP・実防・冷却では上回るが…


  • NB
    • 稼動時消費ENが削られた。
  • LR
    • COUGAR2と比較すると重くなる分、APで勝る。地味ではあるが悪くない性能。
作品 NX NB LR
メーカー クレスト
価格 62500
AP 3390 3390 3390
重量 2249 : 2149 (-100) 2249 : 2149 (-100) 2249 : 2149 (-100)
稼動時消費EN 1821 1639 1639
待機時消費EN 800 800 800
脚部最大積載量 5626 : 5845 (+219) 5907 : 6126 (+219) 5907 : 6112 (+205)
実弾防御 592 : 614 (+22) 592 : 614 (+22) 592 : 621 (+29)
エネルギー防御 461 : 492 (+31) 461 : 492 (+31) 461 : 492 (+31)
冷却性能 1248 : 1436 (+188) 1248 : 1436 (+188) 1248 : 1436 (+188)
移動性能 235 235 235
旋回性能 119 119 119
ブレーキ性能 120 120 120
着地時安定性能 1553 1553 1553
被弾時安定性能 1331 1331 1331
ジャンプ性能 117 117 117

LH05-COUGAR

積載量と防御力が特徴の第三世代標準機
  • SLではいい所無しだったが、NX以降はだいぶマシに。それでも出番は少ないが。
  • 消費Eと旋回、ジャンプ力と言った性能が劣悪。そこに関してはSLの時より酷い。ある意味非常にミラージュらしい性能バランスをしている。
  • 大量の武装を積み込んでミッションで使うなら悪くは無いが、他にいいものはある。
  • 消費ENさえ克服できれば重装甲とそこそこの機動性を確保できる。ただし旋回の低さには注意。
  • ジャンプ力が低い=素ジャンプで着地硬直しないということだが、他の面が・・・
  • COUGAR2よりもこちらのほうが2系のFFに似ているという声もある。


  • NB以降
    • NBから積載量増加。だが……
    • CR-LH92S3の方が硬くなりお株を完全に奪われた。旋回、安定、燃費の面で全てけている。一応勝っている面もあるにはあるが、優劣を覆すレベルでは無い。
    • 積載の割に自重は軽く、旋回は遅いが速度自体は出る方。クレストの機動型のLH80S2より速い位。中2最高冷却を誇り、燃費もLH92S3と大差ないので趣味で使う分には問題ない。
    • 重2のLH96FAに変えれば僅かな防御力減少と引き換えに他がほとんど微増する。特に安定性は大幅に上がるのが悲しい所。価格はこちらの方が安いが大差はない。
作品 NX NB LR
メーカー ミラージュ
価格 80000
AP 3529 3529 3529
重量 2384 : 2271 (-113) 2384 : 2271 (-113) 2384 : 2271 (-113)
稼動時消費EN 2697 2427 2427
待機時消費EN 1419 1419 1419
脚部最大積載量 6263 : 6450 (+187) 6576 : 6763 (+187) 6576 : 6747 (+171)
実弾防御 603 : 624 (+21) 603 : 624 (+21) 603 : 631 (+28)
エネルギー防御 575 : 598 (+23) 575 : 598 (+23) 575 : 598 (+23)
冷却性能 1366 : 1536 (+170) 1366 : 1536 (+170) 1366 : 1536 (+170)
移動性能 215 215 215
旋回性能 109 109 109
ブレーキ性能 127 127 127
着地時安定性能 1288 1288 1288
被弾時安定性能 1489 1489 1489
ジャンプ性能 97 97 97

CR-LH89F

積載量と消費エネルギーを大幅に改善した戦闘タイプ
  • ガクガクしたデザインが特徴的。反り返ったつま先がチャームポイント。
  • 圧倒的な燃費のよさを誇り実弾防御も良好だが、その分機動性とEN防御が犠牲になっている。ある意味特化型。逆関節とどっちを使うか迷う。
  • 装甲の割に重いのだが、逆脚並に燃費が良く、逆脚とは違い安定性もかなり高い。高スタン武器に強い中二が作れる。
  • E防以外の欠点は逆関節と同じく、冷却が低めな点。性能バランスを考えるともう少し安くてもいい様な気もする。
  • クレスト製中2ではAPが少なめで、旋回は遅め。SL時とは正反対。


  • NB
    • 積載量が増加。
作品 NX NB LR
メーカー クレスト
価格 88000
AP 3277 3113 3113
重量 2476 : 2353 (-123) 2228 : 2105 (-123) 2228 : 2130 (-98)
稼動時消費EN 1391 1391 1391
待機時消費EN 606 606 606
脚部最大積載量 6011 : 6210 (+199) 6312 : 6511 (+199) 6312 : 6496 (+184)
実弾防御 648 : 666 (+18) 583 : 601 (+18) 583 : 612 (+29)
エネルギー防御 406 : 441 (+35) 406 : 441 (+35) 406 : 441 (+35)
冷却性能 945 : 1178 (+233) 898 : 1131 (+233) 898 : 1138 (+240)
移動性能 227 250 250
旋回性能 112 112 112
ブレーキ性能 117 117 117
着地時安定性能 1720 1720 1720
被弾時安定性能 1651 1651 1651
ジャンプ性能 110 110 110

LH07-DINGO2

旋回性能が高く、軽装型並みの機動力を持つDINGOの後継機
  • N系の仕様とその基本スペックの高さから、ほとんどの軽2を喰ってる困った子。どう見ても軽二のパラ。
  • 積載が多く燃費が良くなった代わりに旋回が少し落ちた軽2と言った感。冷却は軽2と同じで低めなので注意。
  • トゲトゲした鳥足デザインとは裏腹に、軽量省エネで扱いやすい。ツンデレ?
  • その割には防御力も絶望的というわけでもない。安定性が多少低い。
  • 最大の欠点はやはり価格だろう。修理費にも影響するのでキッチリ避けられる上級者向け。LRミッションで2次破壊(要再購入)しようものなら涙目必死なので注意。


  • NX
    • 弾の当たりやすいNXでは、下手をするとミッションでも瞬殺される危険がある。そこそこ防御があるという事は忘れ、全部避けきるつもりで使った方が良い。
  • NB以降
    • 重量が軽減され、積載量・冷却性能も増加。ただし装甲関係は若干薄くなっている。中二のスタンダードのひとつになった脚。
    • COUGAR2と比べると装甲面で不安が残る。重量100、旋回3、消費500で補えるか
    • 冷却もCOUGAR2から結構下がっているので内装面では注意。
作品 NX NB LR
メーカー ミラージュ
価格 127000
AP 3188 3029 3029
重量 1927 : 1859 (-68) 1734 : 1666 (-68) 1734 : 1686 (-48)
稼動時消費EN 1510 1510 1510
待機時消費EN 751 751 751
脚部最大積載量 5610 : 5830 (+220) 5891 : 6111 (+220) 5891 : 6096 (+205)
実弾防御 555 : 579 (+24) 500 : 524 (+24) 500 : 535 (+35)
エネルギー防御 458 : 489 (+31) 458 : 489 (+31) 458 : 489 (+31)
冷却性能 1062 : 1278 (+216) 1009 : 1225 (+216) 1009 : 1233 (+224)
移動性能 248 273 273
旋回性能 125 125 125
ブレーキ性能 128 128 128
着地時安定性能 1518 1518 1518
被弾時安定性能 1378 1378 1378
ジャンプ性能 121 121 121

CR-LH92S3

トータルバランスを重視し、総合性能の高い第四世代機
  • NBで装甲が大幅UP、ガチガチに固めると凄い装甲&APになる。その代わり重くなった。


  • NX
    • 冷却特化型。何気に積載も多めで使えなくもないが平凡。どうせなら突き詰めてGULL+旧ROZを積んでやろう
  • NB以降
    • 自重増加でブースト速度はかなり落ちた。更に積載がイマイチ(中2では実防特化のLH73SSAと並びワーストクラス)なこともあり、要アセン知識の上級者向けパーツ。
    • 中二の挙動で重二の性能を持つ。装甲特化を組むならまずこの足が出る。対戦でよく使われる脚の一つ。
    • 機体負荷がキツイ分、冷却含めて防御は完璧。余剰を確保すればいい足になる。
  • LR
    • 装甲とAPはトップクラスだが、安定性は中二の域を出ない。隊長やアモン等、高反動武装を使う相手には素直にFAを使ったほうがいい。
    • 高APで硬いが、高額なこともありミッション向きではない。
作品 NX NB LR
メーカー クレスト
価格 129000
AP 3416 3758 3758
重量 2291 : 2187 (-104) 2635 : 2531 (-104) 2635 : 2496 (-139)
稼動時消費EN 2469 2469 2469
待機時消費EN 1221 1221 1221
脚部最大積載量 5977 : 6178 (+201) 5977 : 6178 (+201) 5977 : 6178 (+201)
実弾防御 613 : 633 (+20) 674 : 694 (+20) 674 : 697 (+23)
エネルギー防御 551 : 575 (+24) 551 : 575 (+24) 551 : 575 (+24)
冷却性能 1455 : 1612 (+157) 1310 : 1467 (+157) 1310 : 1489 (+179)
移動性能 231 219 219
旋回性能 115 115 115
ブレーキ性能 149 149 149
着地時安定性能 1635 1635 1635
被弾時安定性能 1602 1602 1602
ジャンプ性能 112 112 112

LH09-COUGAR2

軽量化を施したCOUGARの改修型、ミラージュの第四世代パーツ
  • 通称「九月」(クーガー2→くーがーつ→九月)。その性能とビジュアルから人気が高い。対戦でも強パーツ。
  • 2系のFFとよく似ているがデザインはやや異なる(膝や踵の形状、2本爪もない)。リメイクというよりインスパイヤと言った方が正しいか。
  • ムービーとゲーム中で微妙に見た目が変わっている脚。


  • NX
    • 挙動面を考えてディンゴ2と使い分けよう。
  • NB
    • 重量・AP・実弾防御・冷却が削られ、稼動時消費EN・積載量・EN防御が増えている。
  • LR
    • 全脚部中最高の性能バランスを持つ。迷った時はコレで。すべての性能が高く、欠点のない優秀なモデル。
    • AP以外がハイレベルで纏まり、高価格に見合った高性能脚になった。ただやはり修理費も高くなるので、DINGO2同様ミッションに投入するのはある程度慣れてからの方がオススメ。
作品 NX NB LR
メーカー ミラージュ
価格 130000
AP 3205 3045 3045
重量 2063 : 1982 (-81) 1856 : 1775 (-81) 1856 : 1795 (-61)
稼動時消費EN 1952 2049 2049
待機時消費EN 839 803 803
脚部最大積載量 5772 : 5936 (+214) 6008 : 6222 (+214) 6008 : 6208 (+200)
実弾防御 599 : 620 (+21) 565 : 586 (+21) 565 : 595 (+30)
エネルギー防御 501 : 529 (+28) 516 : 544 (+28) 516 : 543 (+27)
冷却性能 1206 : 1400 (+194) 1146 : 1340 (+194) 1146 : 1349 (+203)
移動性能 240 262 264
旋回性能 122 122 122
ブレーキ性能 135 135 135
着地時安定性能 1799 1799 1799
被弾時安定性能 1505 1505 1505
ジャンプ性能 126 126 126

CR-YLH99SEA

高い旋回性能と安定性能を持つ特殊実験機
  • LRP新、SLPからの引き継ぎ追加パーツ。初代から復刻の通称「ジャージー脚」。かなりピーキーな性能。
  • COUGAR2を凌ぐ旋回・被弾安定・冷却・最高クラスのEN防御を兼ねる。一方で重く、燃費は悪め。
  • 積載量が多い反面実弾防御は軽二レベル。APはCOUGAR2とほぼ変わらない。良くも悪くもEN防特化脚の始祖らしい性能。
  • 決して悪くない脚ではあるが、高機動主体の環境ゆえに活かしづらい脚といえる。安価なこともありミッションでならEN防特化機として使える。
作品 LRP
メーカー クレスト
価格 69000
AP 3080
重量 2426 : 2308 (-118)
稼動時消費EN 2350
待機時消費EN 1220
脚部最大積載量 6080 : 6276 (+196)
実弾防御 496 : 531 (+35)
エネルギー防御 578 : 601 (+23)
冷却性能 1250 : 1438 (+188)
移動性能 221
旋回性能 124
ブレーキ性能 152
着地時安定性能 1602
被弾時安定性能 1609
ジャンプ性能 89

軽量二脚

  • 機動力はあるが防御力が低い。また、消費ENが高めでEN管理がシビア。少しでも事故ろうものなら死が待っている。
  • N系の「余剰積載が大きいほど速度があがる」という仕様の直撃を受けたカテゴリ。最大積載の低い軽ニより、最大積載の多い中ニのほうが速いという現象が発生した。
  • シリーズごとに旋回が上昇している。旋回戦に行けば、ディンゴ2も上回ることが可能。
  • NBで全体的に冷却が増加、EN防御が削られている。
  • LRでは判定の細さと、総重量の軽さによる慣性の小ささで中二より若干避けやすいが、余剰積載の最大速度に惑わされ、使われることが少ない。
  • 「軽い=重量チューンの効果が小さい」ため、速度を上げたければ積載チューンの方が効果が大きい。

CR-LH74M

高速・高機動戦闘の実現をテーマに設計された重量軽減型
  • かつて「骨」の名で親しまれた軽2。その機動性は健在だが、装甲はどうしようもないレベル。
  • イメージ通りに積載は低く、最速フロートLN91HMに次ぐワースト2、ブースターが必要なことを考慮すると実質最下位。武装を極限までそぎ落とさないといけない、非常にテクニカルなタイプ。
  • 全脚部の中で2番目に安い。企業からすればコストパフォーマンスはいいのかもしれないが… 確かにひょろひょろだけど……
  • 冷却性能も全脚部中でワースト2。値段相応ってことか。


  • NX・NB
    • NXでは避けにくい仕様のため使われず、NB以降も中二に食われている。
  • LR
    • 部位破壊の追加により、軽さを生かした空対地戦闘が困難になってしまった。
作品 NX NB LR
メーカー クレスト
価格 37500
AP 2811 2811 2811
重量 1500 : 1475 (-25) 1500 : 1475 (-25) 1600 : 1565 (-35)
稼動時消費EN 2500 2500 2500
待機時消費EN 1215 1215 1215
脚部最大積載量 4492 : 4767 (+275) 4492 : 4767 (+275) 4492 : 4767 (+275)
実弾防御 351 : 389 (+38) 351 : 389 (+38) 351 : 396 (+45)
エネルギー防御 541 : 566 (+25) 487 : 512 (+25) 487 : 516 (+29)
冷却性能 702 : 972 (+270) 807 : 1077 (+270) 807 : 1061 (+254)
移動性能 370 370 370
旋回性能 124 130 133
ブレーキ性能 107 107 107
着地時安定性能 903 903 903
被弾時安定性能 948 948 948
ジャンプ性能 135 135 135

LH03-PANTHER

全体に高いレベルでまとまった性能を持つ機動戦闘型
  • ミラージュ系軽2のエントリーモデル。軽2としては少々重いか。
  • LH74Mと比べるとだいぶマイルドな性能になっている。
  • スラリと伸びたヒールが最大のポイントである。ザ・美脚。


  • NX・NB
  • 性能的にはAPが高いだけしか見所がない。重くて旋回も鈍いと3・SL時代の割を食っている。
  • LR
    • やっと旋回がまともになった。しかし、他から見て大きく劣っている。
作品 NX NB LR
メーカー ミラージュ
価格 55000
AP 2991 2991 2991
重量 1803 : 1748 (-55) 1803 : 1748 (-55) 1803 : 1748 (-55)
稼動時消費EN 2429 2429 2429
待機時消費EN 1106 1106 1106
脚部最大積載量 4786 : 5047 (+261) 4786 : 5047 (+261) 4786 : 5047 (+261)
実弾防御 451 : 482 (+31) 451 : 482 (+31) 451 : 489 (+38)
エネルギー防御 521 : 548 (+27) 469 : 496 (+27) 469 : 499 (+30)
冷却性能 834 : 1084 (+250) 959 : 1209 (+250) 959 : 1190 (+231)
移動性能 328 328 328
旋回性能 115 121 127
ブレーキ性能 118 118 118
着地時安定性能 1098 1098 1098
被弾時安定性能 1203 1203 1203
ジャンプ性能 122 122 122

CR-LH79L

性能バランスを見直した、新設計軽量二脚
  • 動かしやすさは天下一品だが、装甲が甘く積載量も少ないため実戦的とは言いがたい。回避が完璧ならどうぞ。
  • APが全脚部中最低。積載も冷却も軽2では下位なので、LH74M同様アセンの許容幅が狭いのがネック。
  • 特筆すべきは待機時消費EN。軽逆並なのでOBを用いた高機動戦闘や空中戦に向く。


  • LR
    • 及第点の出力を持ちながら軽量・低発熱に高性能化した初期ジェネと好相性。ロータス以上にOB時の熱負荷を切り詰めることができるため、軽二の身軽さも相俟って快適に飛び回ることができる。
作品 NX NB LR
メーカー クレスト
価格 62300
AP 2535 2535 2535
重量 1600 : 1565 (-35) 1600 : 1565 (-35) 1600 : 1565 (-35)
稼動時消費EN 2320 2320 2320
待機時消費EN 613 613 613
脚部最大積載量 4588 : 4859 (+271) 4588 : 4859 (+271) 4588 : 4859 (+271)
実弾防御 402 : 437 (+35) 402 : 437 (+35) 402 : 444 (+42)
エネルギー防御 513 : 540 (+27) 462 : 489 (+27) 462 : 493 (+31)
冷却性能 786 : 1043 (+257) 904 : 1161 (+257) 904 : 1143 (+239)
移動性能 339 339 339
旋回性能 120 126 131
ブレーキ性能 132 132 132
着地時安定性能 985 985 985
被弾時安定性能 998 998 998
ジャンプ性能 140 140 140

CR-LH84L2

LH79Lの後継機、より実戦向きに防御力、積載量を強化
  • CR-LH79Lよりも実戦的。稼動時、待機時共に消費Eが高めなのがネック。
  • EN防御がかなり高く、APも中二クラスに高い。使えることには使えるが、素直に中二にしたほうがいいかも。
  • 軽二の中では実用的。ディンゴ2に旋回戦で勝てるのでジャガー2との差別化ができるが、防御面を考えると不安。
  • 使用者
  • NX:アグラーヤ
  • LR:楊   両者共に強化人間なので燃費問題はほぼ解決できている。
作品 NX NB LR
メーカー クレスト
価格 69500
AP 2994 2994 2994
重量 1691 : 1647 (-44) 1691 : 1647 (-44) 1691 : 1647 (-44)
稼動時消費EN 2783 2783 2783
待機時消費EN 1412 1412 1412
脚部最大積載量 4891 : 5146 (+255) 4891 : 5146 (+255) 4891 : 5146 (+255)
実弾防御 415 : 449 (+34) 415 : 449 (+34) 415 : 456 (+41)
エネルギー防御 599 : 620 (+21) 539 : 560 (+21) 539 : 564 (+25)
冷却性能 991 : 1217 (+226) 1140 : 1366 (+226) 1140 : 1344 (+204)
移動性能 351 351 351
旋回性能 125 131 134
ブレーキ性能 105 105 105
着地時安定性能 1045 1045 1045
被弾時安定性能 1064 1064 1064
ジャンプ性能 137 137 137

LH06-JAGUAR

PANTHERの防御力を強化、長期戦に耐えうる高機動二脚
  • 軽2としてはそれほど悪くないが、完全上位互換のJAGUAR2があるので出番は少ない。
  • レッグブースターが腰の脇(スカート?)についている変わった脚部。だが切り返しや旋回が早いわけではない。
  • トゲトゲ、膝や足の甲などの穴開きが個性的。ビジュアルでも人気が分かれそうな脚部。
  • 高めの冷却と積載、低めのAPがネックという点はJAGUAR2にも受け継がれている。
作品 NX NB LR
メーカー ミラージュ
価格 77000
AP 2647 2647 2647
重量 1832 : 1774 (-58) 1832 : 1774 (-58) 1832 : 1774 (-58)
稼動時消費EN 2630 2630 2630
待機時消費EN 1180 1180 1180
脚部最大積載量 5197 : 5437 (+240) 5197 : 5437 (+240) 5197 : 5437 (+240)
実弾防御 451 : 482 (+31) 451 : 482 (+31) 451 : 489 (+38)
エネルギー防御 559 : 583 (+24) 503 : 527 (+24) 503 : 531 (+28)
冷却性能 1052 : 1269 (+217) 1210 : 1427 (+217) 1210 : 1404 (+194)
移動性能 377 377 377
旋回性能 118 124 129
ブレーキ性能 102 102 102
着地時安定性能 1122 1122 1122
被弾時安定性能 1172 1172 1172
ジャンプ性能 130 130 130

CR-LH95M2

LH74Mを大幅に改修、防御力と機動力の両立を目指した軽量脚
  • 軽2の中ではマシな基本性能だが、扱いやすさは皆無。クレストは軽2が苦手なのか・・・?
  • 尻のあたりのアーマーが独特。
  • 軽量でありながら防御も万全。しかし大飯ぐらいで養うのが大変。要アセン知識。
  • 待機時ENは全脚部中ワーストで唯一の2000台。稼動時ENもワースト5。
  • カタログスペックは高いが消費に見合っていない。脚部以外の部分で防御力を上げる方が無難。
  • 優秀な旋回性能と自重の軽さからくる高機動、以外な装甲厚は3時代の骨足を彷彿とさせる。
  • 金剛を核にすれば十分動かせる。極限まで特化すればディンゴ2に勝ることも不可能ではない。


  • LR
    • ジェネ出力が向上(過剰ぎみ?)した金剛との相性が抜群。冷却さえ確保してやればかなり自由なアセンブルが可能になる。燃費さえ解決できれば、軽2ではなかなかのパーツになる。
作品 NX NB LR
メーカー クレスト
価格 78800
AP 2850 2850 2850
重量 1656 : 1615 (-41) 1656 : 1615 (-41) 1656 : 1615 (-41)
稼動時消費EN 3179 3179 3179
待機時消費EN 2013 2013 2013
脚部最大積載量 4971 : 5222 (+251) 4971 : 5222 (+251) 4971 : 5222 (+251)
実弾防御 414 : 448 (+34) 414 : 448 (+34) 414 : 455 (+41)
エネルギー防御 667 : 683 (+16) 600 : 616 (+16) 600 : 621 (+21)
冷却性能 977 : 1205 (+228) 1124 : 1352 (+228) 1124 : 1330 (+206)
移動性能 381 381 381
旋回性能 127 133 135
ブレーキ性能 137 137 137
着地時安定性能 1008 1008 1008
被弾時安定性能 1101 1101 1101
ジャンプ性能 143 143 143

LH10-JAGUAR2

機体バランスを微調整したJAGUARの姉妹機
  • 3系よりは安いが、性能の割にやや高額な気も。
  • JAGUARと比べると完全にこちらが上位。軽2の中では使いやすいタイプ。
  • APがやや低いが、実防・待機E・積載・冷却と必要な性能は揃っている。軽二としてはかなりまともな部類。
  • 重いが、冷却性能が二脚としてはかなり高い。ラジを多少軽量化できる上にOB使用時にも役立つ。
  • 重さが災いし、ディンゴ2に喰われてしまいがち。


  • LR
    • 旋回と軽2特有の挙動の軽さでDINGO2に勝るので、これを強みにできるか。
    • APの低さが災いして部位破壊されやすいのがネック。
作品 NX NB LR
メーカー ミラージュ
価格 90000
AP 2662 2662 2662
重量 1904 : 1839 (-65) 1904 : 1839 (-65) 1904 : 1839 (-65)
稼動時消費EN 2460 2460 2460
待機時消費EN 990 990 990
脚部最大積載量 5200 : 5440 (+240) 5200 : 5440 (+240) 5200 : 5440 (+240)
実弾防御 504 : 532 (+28) 504 : 532 (+28) 504 : 539 (+35)
エネルギー防御 533 : 559 (+26) 480 : 506 (+26) 480 : 509 (+29)
冷却性能 1235 : 1425 (+190) 1420 : 1610 (+190) 1420 : 1582 (+162)
移動性能 375 375 375
旋回性能 121 121 131
ブレーキ性能 100 100 100
着地時安定性能 1222 1222 1222
被弾時安定性能 1192 1192 1192
ジャンプ性能 135 135 135

CR-LH99XS

機動力を維持したまま積載量を増強、重武装を可能にした最新鋭機
  • 烏大老愛用。しかし燃費の悪さと重量の重さから大老のマネをするのは厳しい。
  • 性能的にはほとんど中二。しかし重量と消費が酷い為、軽二としても、中二としても組み難い。
  • 旋回性能が高いため、実防御の高い軽四脚気分で使うと組みやすい。と言っても、中二と大して変わりないが…
  • AAの頃の積載重視軽二と似た雰囲気。しかし紙装甲ではない。
  • 素人にはお勧めできない。玄人であっても使えたものではないが、一部にマニアがいるらしい。膝関節のギミックが特徴的。


  • NB以降
    • ほとんどの軽2のE防が減少する中、これだけはNXの数値を維持。更に実防やAPは上がっている。代償として結構重くなり、冷却も少し落ちてしまった。
    • 本体重量の重さから上昇速度が低下し、他の軽二と比べると挙動が微妙に遅い。
    • 性能の割に高額なのも辛い。軽2では下のVIXENに次ぐ高価格。LH84L2同様に消費Eが高めなのも地味に痛い。
作品 NX NB LR
メーカー クレスト
価格 100400
AP 2768 3045 3045
重量 1986 : 1912 (-74) 2284 : 2210 (-74) 2284 : 2181 (-103)
稼動時消費EN 2697 2697 2697
待機時消費EN 1306 1306 1306
脚部最大積載量 5380 : 5611 (+231) 5380 : 5611 (+231) 5380 : 5611 (+231)
実弾防御 462 : 493 (+31) 508 : 539 (+31) 508 : 542 (+34)
エネルギー防御 599 : 620 (+21) 599 : 620 (+21) 599 : 620 (+21)
冷却性能 1297 : 1477 (+180) 1167 : 1347 (+180) 1167 : 1367 (+200)
移動性能 371 352 352
旋回性能 117 123 129
ブレーキ性能 111 111 111
着地時安定性能 1342 1342 1342
被弾時安定性能 1295 1295 1295
ジャンプ性能 121 121 121

YLH11-VIXEN

APを犠牲に積載量を高めた攻撃重視・短期決戦型
  • スティンガーさん愛用のヴィクセン脚。これに限ったことではないが、ヴィクセンのフレームパーツはやけにEN防御が高い。
  • いわゆるカラス足系列の脚部。デザイン通り、逆関節的な性能。折れそうなスネがプリティー。
  • 全体的な性能は高めだが、APにかなりの不安がある為AP負けしやすく、とにかく攻めに回らなくてはならない。
  • 積載量が比較的高く、火力の高い武器を積み込める。神バズ+軽実EOにデュアルレーザーを積める積載量がある。
  • 機動力で見ると、重逆並のジャンプ力と四脚並の旋回が利点。閉所ミッションや回り込みに弱い敵と戦うときに有用。
  • ブースト速度が遅くなりがちで、旋回とジャンプ力が高いのでOB機との相性がいい。
  • 軽2では最も高価なモデル。E防は高いが低APも低いため、ミッションで使うにはおススメしかねる。


  • NX
    • 軽二最高の旋回性をもつ。
    • 超速歩行をする場合、これが比較的やりやすい。
  • NB以降
    • LH99XSと同じく重量増加、冷却低下で耐久と装甲がアップ。
    • やはり本体重量の重さのために上昇速度が低下し、挙動も微妙に遅い。性能は高く汎用性は高いが、軽量機として特化しづらい。
    • 重量とAPの比が非常に悪い。ミッションでは問題ないが、AP差が重要となる対人戦には向かない(特にLR)。
作品 NX NB LR
メーカー ミラージュ
価格 115000
AP 2419 2661 2661
重量 1870 : 1808 (-62) 2150 : 2088 (-62) 2150 : 2060 (-90)
稼動時消費EN 2934 2934 2934
待機時消費EN 1177 1177 1177
脚部最大積載量 5132 : 5375 (+243) 5132 : 5375 (+243) 5132 : 5375 (+243)
実弾防御 437 : 469 (+32) 481 : 513 (+32) 481 : 517 (+36)
エネルギー防御 621 : 641 (+20) 621 : 641 (+20) 621 : 641 (+20)
冷却性能 1106 : 1315 (+209) 995 : 1204 (+209) 995 : 1221 (+226)
移動性能 385 366 366
旋回性能 133 140 140
ブレーキ性能 130 130 130
着地時安定性能 1181 1181 1181
被弾時安定性能 1250 1250 1250
ジャンプ性能 151 151 151

CR-YLH01HM

装甲を削り、機動力と積載量を増強した特化型
  • LRP新、3Pからの引き継ぎ追加パーツ。旧エムロード軽量二脚。AAで産廃と蔑まれ3Pでも相変わらずだったが、LRPにて遂に汚名返上を果たした。
  • 旋回・冷却・消費ENはそれぞれ、軽二カテゴリ中の次点に位置する。積載も5000と軽二としては大目。
  • 「燃費の良いキャノン不可の四脚」という立ち位置。積載大目かつ省エネ・高冷却なので比較的アセンの無理が利く。
  • AP・防御関係はワースト級、更に被弾安定はどうしようもない。頭部選択の幅が小さいことを頭に入れないとハンドガンで簡単に固まる。
  • OB機との相性が良好。というより省エネと高旋回を活かす方法がOBくらいしかなく、それ以外の事をやると結局ディンゴ2に負けてしまう。
作品 LRP
メーカー クレスト
価格 67000
AP 2592
重量 1880 : 1817 (-63)
稼動時消費EN 2632
待機時消費EN 797
脚部最大積載量 5096 : 5341 (+245)
実弾防御 404 : 446 (+42)
エネルギー防御 427 : 460 (+33)
冷却性能 1374 : 1543 (+169)
移動性能 369
旋回性能 138
ブレーキ性能 100
着地時安定性能 960
被弾時安定性能 964
ジャンプ性能 136


ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。
メニュー

対AC攻略


パーツリスト

初代・PP・MoA

2・AA

3・SL

NX・NB・LR


リンク


他のサービス




ここを編集する
rss & コンタクト & タグ