●戦闘について


◆遭遇


モンスターとの遭遇は3種類あります。

モンスターに奇襲される = 最初の1ターンの間、モンスターから一方的に攻撃を受けます。
              しかし、モンスターは呪文を使用できません(特殊攻撃は可能です)

モンスターの不意をつく = 最初の1ターンの間、パーティから一方的に攻撃をします。
              しかし、呪文は使用できません(道具の使用は可能です)

通常の遭遇       = 素早さが高いものほど先に行動ができる通常の戦闘が始まります。

◆友好的なモンスター


冒険者達に対して敵意がないモンスターです。
彼らを見逃す事によって性格(アライメント)が[悪]から[善]に変更される事があります。
逆に彼らを殲滅することによって[善]から[悪]に変更される場合もあります。
但し[中立]の場合は性格が変わることはありません。

◆モンスターの姿と名前


暗いダンジョンの中では、遭遇した相手が何者なのか分からない事があります。
モンスターの画像はモザイク表示され、名称も仮のものが表示されます。
これをモンスターの不確定状態といいます。
戦う事で何者か判断できるようになるでしょう。
(僧侶呪文LV3[センスエネミー]の呪文を唱えていると自動で敵を識別してくれます。)

◆戦闘時のコマンド


戦う    = 手に持っている武器で攻撃します。
        装備している武器の[射程]によって攻撃できる範囲が異なります。

身を守る  = 物理的な攻撃から身を守ります。
        呪文にもある程度効果があります。

呪文    = 表示される呪文リストから使用する呪文を選択します。
        呪文の使用回数が残っていない場合は呪文を使えません。

呪いを解く = 僧侶、高レベルの司教、高レベルの君主が使えるコマンドです。
        アンデットモンスターの呪いを解いて成仏させます。
        このコマンドで倒したモンスターのEPとGPは取得できません。

アイテム  = 持っている道具を使います。戦闘中に使える道具しか選べません。
        また、破損チェックに失敗すると道具は壊れてしまいます。

逃げる   = 戦闘を行わずに逃げ出します。
        かなりの高確率で逃げれますので危険を感じたら即逃げましょう。
        逃亡に失敗すると1ターンの間、モンスターから一方的に攻撃を受けます。

◆戦闘時の攻撃範囲




戦闘状態の位置関係を記号で表すとこのような感じになります。

敵4列目  ●    (←の例では1体の敵「サマエル」)
敵3列目   ◆   (←の例では1体の敵「高貴な存在?」)
敵2列目  ▼ ▼  (←の例では2体の敵「パワー」)
敵1列目   ●   (←の例では1体の敵「狂った天使?」)

          vs

味方前衛    ○ ○ ○   (画面では上3名、TEST1~TEST3)
味方後衛    ◇ ◇ ◇   (画面では下3名、TEST4~TEST6)

射程Sの武器は隣り合った列に攻撃する事が出来ます。
つまり、[味方前衛]が[敵1列目]を攻撃するような形になります。

射程Mの武器はひとつ離れた列に攻撃する事が出来ます。
例では[味方前衛]は[敵1列目]&[敵2列目]を攻撃できますし、
[味方後衛]も[敵1列目]に対して攻撃できます。

射程Lの武器は誰に対しても攻撃が可能です。
つまり[味方後衛]から[敵4列目]を攻撃する事ができます。

※ 敵の隊列は戦闘中流動的に動きます。
※ 味方の隊列は睡眠やマヒなどの行動不能状態になった冒険者は後列へと流されていきます。
※ 敵の中にも射程MまたはLの攻撃が可能なモンスターもいます。






添付ファイル