※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


名誉 めいよ
法律上「名誉」とは,「社会的な声望名誉」をいう。
単なる名誉感情(プライド)はこれに含まれない。
不法行為によって名誉を侵害された者は,
加害者に対し損害賠償(慰謝料)を請求できる(民710条,709条)ほか
名誉回復に必要な措置(名誉回復等措置)を求めることもできる(民723条)。
なお団体についても「社会的信用」という意味での名誉(信用)毀損が成立する。

不法行為 ふほうこうい
delictum, torts, unerlaubte Handlung, Delikt, délit (civil), acte illicite
過失による違法な行為によって他人に損害を与えた場合,その行為は不法行為となり,その主体は当該他人に生じた損害を賠償する責任を負う(民709条)。不法行為の一般的要件は,(1)加害者に責任能力があること,(2)加害者に故意または過失があること(過失責任主義),(3)被害者の権利を侵害した(違法性がある)こと,(4)被害者に損害が発生したこと,(5)被害者における損害と加害行為との間に相当因果関係があること,である。