※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


著作権とは


著作物を財産として利用する権利
何らかの作品を作ったときに発生します。

著作物とは


日本の著作権法の定義によれば、

思想又は感情を創作的に表現したものであって、
文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの(2条1項1号)

要件を分解すれば、次の通り。

  1. 「思想又は感情」
  2. 「創作的」
  3. 「表現したもの」
  4. 「文芸、学術、美術又は音楽の範囲に属するもの」

創作=フィクション
架空の出来事・人物・舞台を設定しようとする試み

現実には存在しない だれかの日常について Tatsuya氏が創作し
Tatsuya氏のブログwで 発表 しているということなのでしょうか。
もしそうであれば 確かに著作権保護の対象になりうるかも知れません。

  • 参考サイト

引用とは


引用とは、紹介、参照、諭評その他の目的で
著作物中に他人の著作物の原則として一部を採録すること
(最高裁昭和55年3月28日判決)

一般的に「著作権法の認める範囲である引用の定義」
といわれるもの

  1. 文章の中で著作物を引用する必然性があること。
  2. 質的にも量的にも、引用先が「主」、引用部分が「従」の関係にあること。
    引用を独立してそれだけの作品として使用することはできない。
  3. 本文と引用部分が明らかに区別できること。
    例『段落を変える』『かぎかっこを使用する』
  4. 引用元が公表された著作物であること。
  5. 出所を明示すること。(著作権法第四十八条)

著作権の保護の対象にならないもの(Wikipediaより)


以下のものは著作権法の保護の対象ではない。

  • 著作者の死後50年以上経っている著作物
  • 創作性のない表現
  • 情報
  • アイディア
  • 憲法その他の法令
  • 国、地方公共団体の機関又は独立行政法人が発する告示、訓令、通達
  • 裁判所の判決、決定、命令、審判
  • 著作者の許可を得たうえでの利用