※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

demデータの表示


demデータとは、数値標高モデルのことです。今日は三重県のdemデータを使用して地図を表示します。


Q-GISの基本設定


Q-GISを立ち上げる。

→プラグイン(P)からplagin managerに入る。

→GRASSにチェックをしてokする。

※右上の>>マークをクリックし、メニューアイコンを左端に移動させておくと便利です。


Q-GISにおける新規マップセットの作成


左端のアイコンの上から二番目(new mapset)をクリックする。

→データベースの横のBrowse..をクリックする。

→CドライブにGRASSというフォルダを作り、データベースにGRASSフォルダを指定してからNEXTをクリックする。

→Create new locationをチェックし、kusidaと入力してNEXTをクリックする。

→投影法にチェックし、Geographic Coordinate Systemsの中からJDG2000を選んでNEXTをクリックする。

→領域を以下のように設定してNEXTをクリックする。
            N35.333333
      W135.5           E137
            S33.666667

→New mapsetに自分の名前を入力し、NEXTをクリックする。

→完了をクリックする。


demデータの表示


Q-GISの左端のアイコンの一番上(open mapset)をクリックする。

→GRASSマップセットを選択で以下のように設定し、了解をクリックする。
           Gisbase   C:GRASS
           位置     kushida
           Mapset   自分の名前

→左端のアイコンの下から三番目(GRASSツールを開く)をクリックする。

→shell-GRASS-shellをクリックし、コマンドプロンプトを立ち上げる。

→コマンド上で以下のように入力する。
cd .. #1個上のディレクトリの移動
でデスクトップの環境解析学特論ァイルまで移動する。
v.in.ogr -o dsn=. la=mie_area out=area
→左端のアイコンの上から4番目(GRASSベクタレイヤの追加)をクリックする。

→GRASSベクタレイヤを選択で以下のように設定してあるかを確認し、了解をクリックする。
           Gisbase   C:GRASS
           位置     Mie
           Mapset   自分の名前
           地図名    area
→地図が表示される。

v.in.ogr -o dsn=. la=mie_river out=river
→GRASSベクタレイヤを選択で以下のように設定してあるかを確認し、了解をクリックする。
           Gisbase   C:GRASS
           位置     Mie
           Mapset   自分の名前
           地図名    river
→河川が表示される。

r.in.bin -f in=dem10m.bin out=dem n=35:20N s=33:40N e=137E w=135:30E byte=4 row=15000 col=13500
→左端のアイコンの上から4番目(GRASSベクタレイヤの追加)をクリックする。

→GRASSラスタレイヤを選択で以下のように設定してあるかを確認し、了解をクリックする。
           Gisbase   C:GRASS
           位置     Mie
           Mapset   自分の名前
           地図名    dem
→地図が表示される。
ライヤを右クリックしてプロ―パティを選択すると、線の色や太さなども自由に変えられる。
ライヤriverの線を青に、areaの塗りつぶしなしにして、そしてライヤをriver,area,demの順で並べると以下の図になる。


添付ファイル