※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

Q-GIS、GRASS、Rubyのインストール


今日はこれからこの授業で使用していく主なアプリケーションをインストールします。


Q-GISのインストール


http://trac.osgeo.org/osgeo4w/の"OSGeo4W Installer"からファイルをダウンロードし、適当な場所に保存する。

→保存したファイルをクリックし、セットアップを行う。

→アドバンスインストールをマークし、「次へ」を2回クリックする。

→ルートディレクトリにC:\OSGeo4Wと書いてあるので、それをコピーして、「次へ」をクリックする。

→ローカルパッケージディレクトリに、先ほどコピーしたC:\OSGeo4Wを貼り付け、「次へ」を2回クリックする。

→下のようにDesktop Defaultの+マークのところをクリックし、一番上のgrass:The...と、一番下から二番目のqgis-full:Quantum...のSkipと書いた部分をクリックしてから、「次へ」を2回クリックする。


→インストールが完了する。

※スタートメニューから、Quantum GIS(1.4.0)のショートカットを作成しておくと便利です。


GRASSのインストール


http://wgrass.media.osaka-cu.ac.jp/grassh/grass64/binary/mswindows/native/のWinGRASS-6.4.0RC6-1-Setup.exeをダウンロードし、適当な場所に保存する。

→保存したファイルをクリックし、セットアップを行う。

→「Installing」の画面になるまで、何も触らずにひたすら「NEXT」をクリックし続ける。

→「Installation Complete」の画面になったら「NEXT」をクリックする。

→Launch GRASS GISのところをマークし、「Finish」をクリックして完了。

※「GRASS GISへようこそ」という窓が自動的に立ち上がりますが、無視して消してもらって結構です。


Rubyのインストール


http://www.ruby-lang.org/ja/downloads/からルビーをダウンロードする。