プレイヤー(ぷれいやー)登場デュエリスト声:無し

  • 特徴
ゲームのプレイヤーの分身となる、赤い帽子を目深にかぶった青年。
通称コナミ君。
帽子のマークは海馬コーポレーション(KC)の新ロゴ。
部屋にあるものは前シリーズの主人公がかぶっていたアカデミアの校章(DA)。
TF4、TF3までの主人公とは別人物扱い(?)の様で、遊星達からは初対面の様な扱いを受けている。
一応、藤原雪乃原麗華の台詞からして別人物(?)のようである。
かと思えば、鈴木泰斗サージャント相川には同一人物と見なされている。
詳細は不明。

洞察力に優れ、頭の回転も速く、場の空気を読む能力に長ける。運動神経は不明だが、それなりに高いと思われる。
凄まじいカリスマ性の持ち主でどのようなキャラとでも隔てなく会話が出来る。
趣味はカード拾いとデュエル。

無口キャラであろうが男嫌いだろうが、頬を染めさせてしまう話術はどこか恐ろしい。
しかも今回はセクハラ的な会話で頬を染めさせてしまう話術を身につけてしまい、エスカレートしている。
基本的に相手の身分や性格、生活パターンなどに合わせるため実生活と矛盾する返答もあるが、
相手を傷つけないようにする気遣いだろう。

遊星をクリア・マインド、ジャックをバーニング・ソウルの境地に導くなど、今回も何か凄い存在らしい。
また、今作でも犯罪だろうが映画の撮影スタッフだろうが頼まれれば何でもやる。
自身に目的がないというある意味中立的な立場のためか、5D'sのメンバーだけでなく治安維持局やイリアステルなどにも信頼されているようだ。

正確な住所は不明。
角井敏行によると家賃の高そうな(=旧シティ地区?)マンションに住んでいるらしい。
部屋の中はTF4主人公と酷似している。
部屋に鍵をかけていない様子で、遠慮なく誰でも乗り込んでくる。
(イリアステルなど一部キャラのイベントでは鍵をかけていることも)
たまに誰のものかわからないカードが落ちている。
落ちているだけならまだしもレアカードや有用なカードまで落ちてる場合もあるので、謎が多い。前述の通り、誰でも勝手に部屋に上がりこんでくるため寝てる間に近所の子供が部屋でデュエル大会でも開いて参加者がカードを忘れて帰るのかもしれない。

+ コナミ君の生態系調査

今回から初期デッキが2つになった。

初期デッキ1
【レスキューシンクロ】【X-セイバー】の要素が交じった【獣族】
タッグフォース2の初期デッキと同じ【地属性】デッキでもある。初心忘れるべからずということかもしれない。
当時のデッキと比べることで遊戯王の進化の過程を垣間見れるだろう。

アニメでチームユニコーンが使っていたカードが多く入っているのはポイント。
また、レスキューキャットモジャの強力なコンボを気軽に楽しめるのもポイントである。
レスキューキャットは2010/9/1の新禁止制限リストで禁止カードになっている)

前作の初期デッキと比較するとコンセプトが中途半端に混ざったデッキなのでそのままではやや使い難い。サイドデッキにあるカードレンタルカードで補いたい。

初期デッキ2
【次元】【メタビート】【スキドレバルバロス】【パキケガジェット】【苦痛ワンフー】等の部品が乱雑に入っている。
さらにエクストラデッキは0枚である。
デッキ1以上に部品が足りないため、こちらのデッキは組みなおさないと到底使い物にならない。

デッキ1のパートナー用は、【獣ビート】【ハムスターシンクロ】風デッキ。
デッキ1の初期も、【獣ビート】【ハムスターシンクロ】風デッキ。

デッキ2のパートナー用は、【次元】+【メタビート】デッキ。
デッキ2の初期も、【次元】+【メタビート】デッキ。
  • 使用デッキ
デッキ名 レベル デッキ使用場所
初期デッキ1 3 ゲームスタート時
初期デッキ2 7 ゲームスタート時
初期デッキ1カスタム - ダウンロード
初期デッキ2カスタム - ダウンロード
今日から始めるアマゾネス - ダウンロード
もし現実主義者がデッキを組んだら - ダウンロード
そんな装備で大丈夫か? - ダウンロード
侵略のススメ - ダウンロード
メリークリスマス2010♪ - ダウンロード