設定メモ2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ccnetを配線し、直接IPを見る
  • >ccnet:172.27.213.77
  • >pol-J5(operate):172.27.213.91
(->pol-J5(operate):172.27.220.50)

ssh -X root@でつなげることを確認
#cp
mount-start-mona.sh mount-start-pol-j5.sh
#vi
mount-start-pol-j5.sh

%cp tdpad2010-ccnet tdpad2011-ccnet

#!/bin/bash
mount /dev/sda1 /mnt/usb/
echo "mounting USB memory...."
mount 172.27.213.91:/home/pol/nbbq/tdpad2011-ccnet /mnt/pol-j5/
echo "mounting pol-j5...."
cd /mnt/pol-j5/source-ccnet/
nbbqinst
echo "exec nbbqinst...."

上のように書き換えてみる。
したらば、
#sh
mount-start-pol-j5.sh
mount: you must specify the filesystem type
mounting USB memory....
mount to NFS server '172.27.213.91' failed: server is down.
mounting pol-j5....
mount-start-pol-j5.sh: line 6: cd: /mnt/pol-j5/source-ccnet/: No such file or directory
insmod: can't read 'nbbqdrv.ko': No such file or directory

とか出る。
NFSサーバーが落ちてるとかないわ。
NFSを使うと離れた場所にあるコンピュータのファイルを、あたかも自分のコンピュータにあるファイルのように操作することができる。
らしいので、pol-j5にも導入しようと思う。
以下のページを参考に、
http://server-world.info/query?os=Scientific_Linux_6&p=nfs

#yum
install nfs-utils
Loaded plugins: refresh-packagekit
Setting up Install Process
Package 1:nfs-utils-1.2.2-7.el6.i686 already installed and latest version
Nothing to do

すでに入ってます、と。
とにかく立ち上げてみる。上のページにしたがって、
[root@pol-j5 pol]# /etc/rc.d/init.d/rpcbind start
[root@pol-j5 pol]# /etc/rc.d/init.d/nfslock start
[root@pol-j5 pol]# /etc/rc.d/init.d/nfs start
NFS サービスを起動中: [ OK ]
NFS クォータを起動中: [ OK ]
NFS デーモンを起動中: [ OK ]
NFS mountd を起動中: [ OK ]

したらば、ccnet上でもう一度mount
しかし、上と同じメッセージ。。。う~む。

試行錯誤。
ping 172.27.213.91
  • >no reply
ssh -X 172.27.213.91
  • >ok
sshは通るのに、pingが帰ってこない、なんじゃこりゃ?


[root@pol-j5 pol]# /etc/init.d/portreserve restart
portreserve を停止中:
portreserve を起動中: [ OK ]
[root@pol-j5 pol]# /etc/init.d/nfslock restart
NFS locking を停止中: [ OK ]
NFS statd を停止中: [ OK ]
NFS statd を起動中: [ OK ]
[root@pol-j5 pol]# /etc/init.d/nfs restart
NFS mountd を終了中: [ OK ]
NFS デーモンを終了中: [ OK ]
NFS quotas を終了中: [ OK ]
NFS サービスを終了中: [ OK ]
NFS サービスを起動中: [ OK ]
NFS クォータを起動中: [ OK ]
NFS デーモンを起動中: [ OK ]
NFS mountd を起動中: [ OK ]

どうやらportmap->portreservらしい。

症状をまとめると、
サーバー(pol-j5)では、nfsが起動しているが、
クライアントからは見えていないかのよう。
う~む。

古川さんにヘルプを出す。
やってもらったことは、
/etc/hosts.allow を書き換え
################################
#
# hosts.allow This file contains access rules which are used to
# allow or deny connections to network services that
# either use the tcp_wrappers library or that have been
# started through a tcp_wrappers-enabled xinetd.
#
# See 'man 5 hosts_options' and 'man 5 hosts_access'
# for information on rule syntax.
# See 'man tcpd' for information on tcp_wrappers
#
#portmap
: 172.27.213.77
#lockd
: 172.27.213.77
#rquotad
: 172.27.213.77
#mountd
: 172.27.213.77
#statd
: 172.27.213.77
ALL : 172.27.213.77

####################333

変に全角スペースが入っていた。

また、denyも
fire wall の設定をいじって、
その他のポートに、以下を付け足した。

###################33
port プロトコル サービス
111 udp sunrpc
111 tcp sunrpc
2049 udp nfs
57101 tcp
58283 udp
875 udp rquotad
875 tcp rquotad
####################3333

#rpcinfo
  • pで、nfsで使用していると
思われるポートを開けている。

これで、
#sh
mount-start-pol-j5.sh
が通った。
添付ファイル