必修4


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

更新日時  2012-09-18 14:52:11 (Tue)

問題107
106回の必修問題を見たらアルコールの問題が出ていた。正答率が悪い(正答率:79.5%)
必修問題でアルコールと書いてあったら、まずはアルコール依存症と思って選択肢を選ぶと良い。

106F16 63歳の男性。咳と発熱とを主訴に来院した。黄色の痰も伴っている。
5年前にアルコール性肝硬変とアルコール依存症との診断を受け、3回の入院歴がある。
1人暮しである。体温38.2℃。Spo293%(room air)。
左の前胸部と背部下方とにcoarse crecklesを聴取する。
胸部エックス線写真で左肺野に浸潤影を認める。肺炎と診断し、入院することになった。
これから収集する情報のうち、安全管理の観点から最も重要性が高いのはどれか。
a職業歴 b喫煙歴 c家族歴 d海外渡航歴 e最終飲酒日時

+ ...

問題108
アルコール依存症で連続飲酒になり入院した。初期治療として正しいものはどれか?1つ選べ。
①ベンゾジアゼピン系薬物 ②抗精神病薬 ③抗てんかん薬 ④抗うつ薬 ⑤利尿薬

+ ...
問題109
106F10 身体診察所見と病態・疾患の組合せでただしいのはどれか(正答率93.3%)
a 音声振盪の増強……………………………………………反回神経麻痺
b 踵下ろし試験<heel-drop jarring test>陽性…………胸水貯溜
c Barre徴候陽性……………………………………………片麻痺
d Romberg試験陽性…………………………………………感音性難聴
e Weber試験陽性……………………………………………腹膜炎

+ ...

問題

出典:
+ ...
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。