内分泌・代謝3


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

更新日時  2012-10-05 09:02:32 (Fri)

問題71
52歳女性。4か月前から食欲不振と口渇とが持続するようになった。
2か月前、突然頭痛と動悸が生じ、血圧180/110mmHg、脈拍114/分及び尿糖(+)を指摘されたが、翌日、血圧は正常化していた。
来院時、甲状腺右葉に拇指頭大の硬い結節を触知する。
この患者の血液検査で異常高値を示すのはどれか。2つ選べ。
a.カテコラミン
b.カルシトニン
c.TSH
d.サイロキシン
e.プロラクチン

出典106スレ18 ??氏
+ ...
問題72
29歳女性。無月経と易疲労感とを訴えて来院した。
皮膚は乾燥し、びまん性の甲状腺腫を認める。
両側の乳房の圧迫により乳汁分泌を認める。
血清生化学所見:
TSH‥362μU/ml(正常0.2~4.0)、LH‥0.5mIU/ml(正常1.8~7.6)、FSH‥1.4mIU/ml(正常5.2~14.4)
プロラクチン‥64ng/ml(正常4~15)、T3‥36ng/ml(正常80~220)、T4‥1.8μg/dl(正常5~12)
エストラジオール‥8pg/ml(正常10~50)
適切な治療薬はどれか。
a.クロミフェン
b.ソマトスタチン
c.ブロモクリプチン
d.サイロキシン
e.hMG-hCG

出典106スレ19 ??氏
+ ...
問題73
高脂血症の型のうち、多い型を2つ選べ。
①I型 ②II型(IIa型、IIb型) ③Ⅲ型 ④IV型 ⑤V型

出典106スレ19 ??氏
+ ...
問題74
105I70 改変 亜急性甲状腺炎について正しいもの2つ
a サイログロブリンの低下
b CRPの上昇
c 抗TSH受容体抗体の上昇
d 甲状腺放射性ヨード摂取率の上昇
e 腫大部位のエコー輝度の低下

出典106スレ20 ??氏
+ ...
問題75
原発性アルドステロン症について誤っているものはどれか。
a Na、水の体内貯留
b 低カルシウム血症
c インスリン分泌障害
d 高血圧
e 浮腫

出典106スレ23 ??氏
+ ...
問題76
糖尿病に合併しやすい高脂血症はどれか。2つ選べ。
a Ⅰ
b Ⅱa
c Ⅲ
d Ⅳ
e Ⅴ

出典106スレ23 ??氏
+ ...
問題77
高脂血症の型のうち、急性膵炎の起こるのはどれか。2つ選べ。
a Ⅰ
b Ⅱa
c Ⅲ
d Ⅳ
e Ⅴ

出典106スレ23 ??氏
+ ...
問題78
MENⅠ型でみられるのはどれか。3つ選べ。
a 下垂体腺腫
b 副甲状腺腺腫
c 甲状腺髄様癌
d 褐色細胞腫
e 膵内分泌腫瘍

MENⅡ型で血中濃度が上昇するのはどれか。2つ選べ。
a プロラクチン
b サイロキシン
c カルシトニン
d アドレナリン
e グルカゴン

MENⅡb型で主にみられるのはどれか。2つ選べ。
a 下垂体腺腫
b 副甲状腺腺腫
c 甲状腺髄様癌
d 褐色細胞腫
e 膵島腫瘍
+ ...
問題79
SLEの活動性の指標とならないものはどれか。
a 白血球減少
b 血清補体価減少
c 抗Sm抗体高値
d 抗DNA抗体高値
e 免疫複合体高値

出典106スレ22 ??氏
+ ...
問題80
糖尿病性神経症について誤っているのはどれか。2つ選べ。
aチルトテストが診断に有用である。
b運動失調を合併する。
c低血糖症状が顕著に出現する、
d脈拍の呼吸性変化が消失する。
e動眼神経麻痺にはアルドース還元酵素阻害薬が有用である。

+ ...
問題81
特発性尿崩症に予想される検査所見はどれか。2つ選べ。
a高張食塩水負荷後尿浸透圧220mOsm/L
b水制限後体重3%減少時尿量 60mL/時間
c血漿浸透圧295mOsm/L
d血清ナトリウム130mEq/L
e尿中ナトリウム170mEq/L

+ ...
問題82
経口糖尿病治療薬について、正しいものを3つ選べ。
(2012年国家公務員総合職の薬理学の問題に選択肢を一つ追加)

a ボグリボースは、小腸粘膜上皮において二糖類から単糖類への分解を担うαグルコシダーゼを阻害する。
b ナテグリニドは、吸収が速やかなため、血糖の上昇を十分に抑制するためには食後の投与が望ましい。
c エパルレスタットは、細胞内マルチトールの蓄積を抑制することにより、糖尿病性末梢神経障害におけるしびれ、疼痛などを改善する
d グリベンクラミドは、ATP感受性K+チャネルを開口することにより、インスリン分泌を促進する。
e ピオグリタゾンは、脂肪及び筋肉における糖の取り込みを促進するとともに、インスリン抵抗性を軽減する。
f メトホルミンは、古くからあるビグアナイド系の血糖降下剤で、肝臓での糖新生抑制、末梢での糖利用促進、腸管からの糖吸収抑制の3つの作用を持つ。

+ ...
問題83
103E23 組合せで正しいのはどれか。2つ選べ。(正答率47.4%)
aカルシトニン______甲状腺D細胞
b副甲状腺ホルモン____副甲状腺主細胞
cグルカゴン_______膵島α<A>細胞
dアルドステロン_____副腎皮質束状層細胞
eテストステロン_____精巣Sertoli細胞

+ ...
問題94
NHKのドクターGでやっていた問題。
中年歳男性。両手首の痛みを主訴に来院。退職後、家で体操したり、廊下のぞうきんがけ、
風呂の掃除などをやっていた。1年間で約20㎏体重減少が認められた。
早朝に両手首の痛みが強い。首に片手を当てて昼寝してして起きたときにも手首の痛みが強くなる。
なべなどの重い物を持つと痛みで落としてしまう。
家族と話しているうちに急に意識がなくなることもある。
最も疑われる疾患は何か?
a全身性アミロイドーシス bリウマチ性筋痛症 c関節リウマチ

+ ...
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。