必修2


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

更新日時  2013-10-04 19:26:49 (Fri)

問題54
いわゆる五臓六腑の五臓に含まれない臓器はどれか
a 肺臓
b 肝臓
c 膵臓
d 脾臓
e 腎臓

出典:106スレ15 244氏
+ ...
問題55
胎便の色って、黒紫なの・・・?暗緑色かと思ってた。

出典106スレ15 412氏
+ ...
問題56
胃洗浄の適応となることが一番多いのはどれか。
a.強アルカリ
b.灯油
c.シンナー
d.有機リン
e.エタノール

出典106スレ15 ??氏
+ ...
問題57
神経性食欲不振症で誤っているものは?2つ
a 血中コレステロール高値
b 血中rT3低値
c 低カリウム血症
d 成長ホルモン低値
e 貧血

出典106スレ15 ??氏
+ ...
問題58
褥瘡管理で間違っているものを1つ選べ。
a二時間ごとの体位変換を行う。
bウォーターベッドを使う。
c除圧に円座を使う。
d発赤のみならドレッシング材で皮膚保護する。
e真皮が障害されていたら大量の生食で洗う。

出典106スレ15 ??氏
+ ...
問題59
統合失調症の予後良好因子を1つ選べ。
a高年齢
b知能が低い
c破瓜型
d躁鬱病を合併しないもの
e陰性症状が主

出典106スレ15 ??氏
+ ...
問題60
必修  間違っているもの2つ選べ。
a心気症とは中高年に多く、身体所見は正常である。
b神経性食思不振症では、徐脈・低血圧・産毛の増加・陰毛の脱落が見られる。
c神経性大食症は、体重正常で活動性は低下しているが、病識はない。
dパニック障害は成人早期の女性に多く、しばしば広場恐怖を伴う。
e社会恐怖とは他人からの注目を恐れる青年期好発の疾患で、男女差はない。

出典106スレ15 ??氏
+ ...
問題61
悪名高い104回の必修から一問 104C-11
重症心身障害児に多いのはどれか。
a.食道アカラシア
b.胃食道逆流症
c.胃潰瘍
d.蛋白漏出性胃腸症
e.過敏性腸症候群

出典106スレ15 ??氏
+ ...
問題62
105C24  必修  52歳の女性.尿失禁を主訴に来院した.
笑ったときや咳・くしゃみをしたときに尿が漏れるが,
尿意を感じてからトイレに向かっても間に合うという.
排尿困難や夜間頻尿を認めない. この患者の尿失禁について可能性が高いのはどれか.
a 溢流性
b 機能性
c 混合性
d 切迫性
e 腹圧性

出典106スレ16 247氏
+ ...
問題63
正常圧水頭症の尿失禁は、何失禁に分類される?

出典106スレ16 222氏
+ ...
問題64
105I34 切迫性尿失禁を起こすのはどれか.2つ選べ.(解説の都合上ここに入れておく)
a 脳血管障害
b Parkinson病
c 馬尾神経障害
d 糖尿病性神経障害
e 腰椎椎間板ヘルニア

出典106スレ16 249氏
+ ...
問題65
101C22 打診で鼓音を呈するものはどれか?(正答率93.3%)
a肺炎 b肺気腫 c無気肺 d肺水腫 e肺線維症

出典106スレ16 ??氏
+ ...
問題66
狭心痛の特徴でないのはどれか.(95E11 必修)
a 数分間持続する.
b 冷汗を伴う.
c 寒冷で誘発される.
d 圧痛部位が存在する.
e 左肩に放散する.

出典106スレ16 ??氏
+ ...
問題67
次のうち正しいものを一つ選べ
a 上気道閉塞性呼吸困難は呼気性呼吸困難である
b 心因性呼吸困難は肺機能検査で鑑別がつく
c 呼吸困難の鑑別診断にECGは必要ない
d 肺性呼吸困難は呼吸困難のなかで遭遇する機会が最も少ない
e 呼吸のリズムの異常は診断の一助になる

出典106スレ16 ??氏
+ ...
問題68
正常圧水頭症で①認知症②歩行障害③尿失禁の起こってくる順番はどれか。
a123
b132
c213
d231
e312

出典106スレ16 ??氏
+ ...
問題69
104H23 60歳男性。大腸癌検診の便潜血検査にて2回の検査のうち1回は陽性で1回は陰性。自覚症状なし。
10年前の胃癌検診で胃潰瘍瘢痕疑いを指摘されている。対応として適切なのはどれか
a経過観察
b便潜血再検査
c腹部造影CT
d上部消化管内視鏡
e下部消化管内視鏡

出典106スレ16 339氏
+ ...
問題70
101C-28 免疫法による便潜血検査の特徴はどれか。正答率65%
a.保存条件の影響を受けにくい。
b.腸内細菌の影響を受けにくい。
c.食事制限が必要である。
d.特異度が高い。
e.感度が低い。

出典106スレ16 ??氏
+ ...
問題71
生後二時間の男児。手と足にチアノーゼを認める。
現病歴:妊娠経過中特に異常なく、在胎40週、自然経膣分娩で出生した。Apgarスコア9点(1分) 。
分娩室から帰室後児の手足に軽度のチアノーゼが有ることに母親が気付いた。
現症:身長50.5cm、体重3040g。直腸温36.8℃。呼吸数毎分40。心拍数毎分120。
頭部は頭頂方向に長く変形し、骨縫合での骨重積がみられる。
大泉門径1cm。軽度のチアノーゼを手足に認めるが、口唇には認めない。心雑音はなく、呼吸音も正常である。
腹部は平坦、軟で、右肋骨弓下に肝を1cm触れる。左右とも精巣を触知しない。

検査所見:赤血球560万、Hb16.4g/dl、Ht48%、白血球12000。
血清生化学所見:血糖70mg/dl、総ビリルビン2.6mg/dl、AST36IU/l、ALT30IU/l。
101D-49
異常所見はどれか。
a.直腸温
b.呼吸数
c.心拍数
d.頭部変形
e.精巣触知不能
101D-50
対応で正しいのはどれか。
a.経過観察
b.酸素投与
c.光線療法
d.保育器収容
e.静脈路確保

出典106スレ16 ??氏
+ ...
問題72
必修予想 発熱に対して解熱剤投与したところ、意識レベル低下がしてきた。
血圧70の50 呼吸数25 脈拍数140 吸気時に胸骨上かの陥没が見られる
まず行う治療はどれか
A輸液
Bアドレナリン静脈内投与
Cアドレナリン皮下注射
D気管挿管
E酸素投与

出典106スレ16 646氏
+ ...
問題73
106D17 過活動膀胱(overactive bladder:OAB)の症状はどれか?2つ選べ(正答率98.1%)
a頻尿 b血尿 c排尿痛 d尿意切迫感 e腹圧性尿失禁

+ ...


問題

出典:
+ ...
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。