怪情報


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

更新日時  2011-05-28 20:01:30 (Sat)

ここでは国家試験直前に、管理人のもとに回ってきた怪情報について記載しておきたいと思います。
第106回医師国家試験直前にも同様の情報が回る可能性もあると思いますので、何かの参考になればと思います。

◎整形外科8問(内1問削除)らしいです


◎脊髄損傷の急性期+慢性期のリハビリテーション
a)頭頚部への衝撃
b)四肢麻痺や痺れ
c)頭部の固定、ステロイドパルス、導尿を速やかに実施すること
と言うのが出るみたい。
二問がこれで出るらしいので、もしかしたら必修の連問かも知れないです


◎後天性魚鱗せん、毎年卒試に出している先生が出題委員に入ったようです


◎眼軸長はエコー、角膜屈折力はケラトメーターで測るのをちょっと覚えておきましょう

東医からの情報


うちの皮膚科の教授は出題委員です。
主任教授が国試合宿で何か言ってました。
1.IgAが関与する疾患
IgA天疱瘡
ジューリング疱瘡様皮膚炎
線状IgA水疱性皮膚炎


2.免疫グロブリンが関与しない疾患
劣性栄養障害型表皮水疱症(7型コラーゲン)
ヘイリーヘイリー病(棘融解)


3.ダーモスコピーの拡大鏡の写真


だそうです。


三苫の合宿で聞いたこと直接メールで失礼します
★先天性表皮水疱症(?型コラーゲンの異常のやつ)
→臨床問題で!
★家系図の書き方
先天性表皮水疱症は三苫も皮膚科の出題委員の先生も言ってたから、大事だと思う


出るかは謎だけど、よければ参考にしてください


呼吸器出題委員と三苫の情報です。多いので、情報源ごとに箇条書きにします
【呼吸器】
★アスピリン喘息
★薬剤性肺炎(特にイレッサ)
★(新型?)インフルエンザ
★肺高血圧
新しく委員に肺高血圧だけをやり続けてきた男?が加わったので、出るそうです
。ポイントは定義と危険因子(やせ薬、膠原病、呼吸器疾患、門脈圧亢進)
★肺炎はクレブシエラ(gram-桿菌でhalo+)とレジオネラ(肝臓マーカー↑、CK
↑、SIADH)


【三苫】
昨日の以外に
★亜鉛欠乏
★褐色尿を来たす疾患(ミオグロビン尿、Hb尿にわけてそれぞれ)
★産科の◯週で◯◯は正常?(毎年だしてる先生が今年も出題委員)
★Barret食道
★硬化性胆管炎(臨床で。ERCPで細くなってる胆管)


【皮膚科の補足】
★ダーモスコープの検査の器具の写真
★乾癬か魚鱗癬はどちらか
絶対


★薬剤性過敏症症候群(TENやSJSとは違う重傷薬疹。日本人が発見。キーワード
はカルバマゼピンなどの抗けいれん薬。HHV-6の再活性化)


以上です。


おつかれさまです、某私大で回っていたらしいメールです。転送しますね♪
国試対策委員です。孝四郎の予想集きました。
何回か同じ言葉出てきますがあんまり気にしないでください。
項目を列挙したものに過ぎませんが、よろしくお願いしますm(_ _)m。


麻酔科:術後鎮痛、緩和医療、人工呼吸器


呼吸器:肺機能検査、ARDS、原発性肺高血圧


循環器:IVR(インターベンショナル・ラジオロジー)、閉塞性血管病変と腰
部脊柱管狭窄の鑑別


腎臓:電解質関連(祭になるであろう)


消化器:ウイルス慢性肝炎から肝硬変になったものの治療(C型→IFNやB型→
抗ウイルス薬の適応あり)、慢性化しやすいB肝(ジェノタイプA)も増えている。


血液:ATL、ミエローマ、慢性活動性EBV感染症


泌尿器科:前立腺の診察で、直腸指診したあとだと、癌じゃなくてもPSAが上
がってしまう。
腎癌、前立腺癌/肥大、膀胱癌


放射線科:CTとPETの被爆量を比較すると、よっぽど、PETの被爆量は少
ないので、癌検診には有効である。


整形外科:関節内視鏡の適応、人工関節の適応


小児科:急性中耳炎に関して、軽症のものであれば、発症後72時間以内には抗菌
薬投与はせず、経過観察すべきなんだそうです。


アレルギー:アトピー関連疾患、壊死性筋膜炎、川崎病は絶対に出るそうです


内分泌:アルドステロン関連疾患、ADH関連疾患


眼科:白内障、緑内障、ブドウ膜炎、網膜関連疾患


循環器:不整脈、エコーの祭になるそうです。


神経:出血性脳梗塞(tPA治療後)やら、ワーファリゼーションの治療の指標となる
PT-INRは、出る頃だろうてな話です。
ALS、パーキンソン、アルツハイマーは必ず出ると言ってました。


精神科:自閉症、アスペルガー、ADHDなどの広汎性発達障害、レム睡眠行動
障害


消化管:大腸癌


呼吸器:間質性肺炎、乳癌のハーセプチンとか、カルチノイド症候群、胸腺腫


肝胆膵:肝臓が狙われるそうです。


腎臓:腎血管性高血圧は絶対に出るそうです。


代謝:ライソゾーム病の酵素補充療法。
妊娠糖尿病の診断基準


血液:白血病の染色体異常は、完璧にしておけと言われました。
ATLは、絶対に出るそうです。


アレルギー・コラーゲン:原発性免疫不全
川崎病も絶対に出るそうです。破傷風も出そうだと言ってました。
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。