神経・精神・運動


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

更新日時  2012-04-24 22:05:33 (Tue)

問題1
48歳男性。1ヶ月前から上顎の齲歯のため鈍痛が持続していた。
CTで脳膿瘍と診断。この脳病変を最もきたしやすいのはどれか?
1鼻茸 2慢性鼻炎 3略 4略  5急性副鼻腔炎
+ ...

問題2
熱けいれん(heat cramps)とは次のうちどれか?
(1)小児などで高熱を発したときに起こる全身性の痙攣のことである。
(2)ふくらはぎ(こむらがえり),大腿,肩,腹筋などに 痛みを伴う発作的な骨格筋の収縮が運動の最中や労作終了後に生ずるものをさす。
+ ...

問題3
MSで下顎反射↑はわかるんだけど、角膜反射↓は何故?
+ ...

問題4
バビンスキー反射はどれか?2つ選べ
①開扇現象
②母趾の背屈
③趾指の屈曲
+ ...

問題5
足底の刺激によりバビンスキー反射が陽性となった。
この反応を生じうる病変部位はどれか。2つ選べ。
①内包後脚 ②中脳底部 ③小脳皮質 ④脊髄後索 ⑤末梢知覚神経

出典:第84回A37
+ ...

問題6
60歳男性。2年間から時々、両下肢のところどころに電気の走るような鋭い
痛みが起こるようになり、その都度、鎮痛薬を服用した。昨年から夜道を歩くと
ふらつくようになった。最近痛みが増強し、昼間でも脚がふらつくので来院した。
瞳孔は左右不同・不正円形で、対光反射は消失し、輻輳反応は保たれている。
四肢に麻痺はないが、筋緊張が軽度に低下している。指鼻試験は良好で、踵膝試験
は拙劣であるが、注視下では改善を認める。腱反射は上肢で減弱、下肢で消失し、
バビンスキ-徴候は陰性である。

最も疑われる疾患はなにか. 一つ選べ.
a. Werdnig-Hoffmann病
b. 慢性硬膜外血腫
c. 髄膜炎
d. 脊髄梅毒
e. 多系統萎縮症

追加問題
本疾患の症状とその時期について正しいのはどれか. 2つえらべ.
1. 感染後2ヶ月 - 軟性下疳
2. 感染後2ヶ月 - 扁平コンジローマ
3. 感染後2年  - ゴム腫
4. 感染後12年  - 大動脈瘤
5. 感染後12年  - 視力障害
+ ...

問題7
抗ドパミン薬投与中に悪性症候群がでたらどうするか
a.抗ドパミン薬減らす
b.ドパミン投与
c.即中止
d.ダントロレン筋注
+ ...

問題8
特発性てんかんで正しいのはどれか?1つ選べ。

①環境要因が原因として重要である。
②脳腫瘍が原因となることがある。
③有病率は10%である。
④幼小児期の発症が多い。
⑤女性に多い。
+ ...

問題9
コルサコフ症候群で正しいのはどれか、3つ選べ。

a. 急性アルコール精神病である
b. 覚醒剤精神病である
c. 側頭葉の萎縮が目立つ
d. 自律神経症状を伴う
e. 作話を伴う
f. 精神症状は原因物質をやめることで改善する
g. ビタミンB6欠乏による
h. 妊娠悪阻の誤治療でなることがある
+ ...

問題9
次の文を読み,22~24の問いに答えよ.
 61歳の男性.複視と歩行障害とを主訴に来院した.
現病歴:今日の午前10時頃,会議中に突然物が二重に見え,右上下肢が動かしづらいことに気付いた.
様子をみていたが改善しないため午後5時に来院した.
既往歴:10年前から糖尿病で,5年前からインスリンで加療中である.6年前から高血圧で加療中である.
2年前に突然,右上下肢が動かしづらくなり,歩く時ふらつく症状があったため入院したことがある.
それらの症状は数日で消失し,1週間で退院した.
家族歴:兄と姉が高血圧で加療中である.
現 症:意識レペルはJCS I -1. 顔の表情は正常.身長165cm,体重52kg.体温36.2℃.臥位で脈拍84/分,整.
血圧156/80mmHg.眼瞼結膜と眼球結膜とに異常を認めない.心音と呼吸音とに異常を認めない.
腹部は平坦で,圧痛と抵抗とを認めない.肝・牌を触知しない.右側方視で左眼は内転できず,
右眼に水平眼振を認める.左側方視では両眼とも正常に動く.幅輸と垂直方向の眼球運動とは正常である.
右上下肢の筋力低下と深部腱反射充進とを認める.起立・歩行障害を認める.
四肢に不随意運動はなく,頭痛,失語・失行・失認,項部硬直,顔面筋麻疹および聴力障害を認めない.
検査所見:尿所見:蛋白(-),糖1十.血液所見:赤血球495万, Hb 16.0g/dl, Ht 44%,白血球6,500,血小板25万.
血清生化学所見:空腹時血糖240mg/c!/, HbA1C8.2% (基準4.3~5.8),総蛋白6.9g/dl.
アルブミン4.8g/dl,尿素窒素9.2mg/dl,クレアチニン0.9mg/dl, AST 181U/l, ALT 141U/l.
心電図と頭部単純CTとに異常を認めない.
E22 病変の部位はどこか.
a 内 包 b 視 床 c 中 脳 d 小 脳   e 橋                      
E23 診断に最も有用なのはどれか.
  a 髄液検査        b 脳 波        c 頭部単純MRI
  d 頚動脈超音波検査    e SPECT                      
E24 治療薬として適切なのはどれか.
  a 抗血小板薬                 b 抗ウイルス薬
  c 免疫グロブリン製剤             d 副腎皮質ステロイド薬
  e 組織プラスミノゲン・アクチベーター〈tPA〉           
+ ...

問題10
58歳の男性。身長162㎝、体重86㎏。不眠症があり、睡眠薬を2種類服用している。
前日までは異常がなかったが、起床時に左手首が下がったままで、上げることができないのに
気づいて受診した。
現症:意識は正常。左手関節の背屈と左指筋の伸展とがいずれも麻痺のためにできないが、
左手関節の掌屈と左手指筋の屈曲との筋力は正常である。表在感覚は左前腕、左手背で低下している。
右上肢には神経学的異常を認めなかった。膀胱直腸障害はない。
左上肢の運動麻痺の原因部位はどれか。
①橋
②延髄
③頸髄
④胸髄
⑤末梢神経
+ ...

問題11
68歳の女性。10ケ月前から計算力低下と記憶力低下とを認める。3ケ月前から歩行が不安定となり、
ときに尿失禁をきたすようになった。頭部X線単純CT写真を次に示す。
なお、脳槽シンチグラフィは24時間後も脳室への取り込みを示した。
(CT像:両側側脳室が左右対称性拡大と前角後角を中心とした脳室周囲に透亮像(PVL)がみられる)
適切な治療はどれか?1つ選べ。
①副腎皮質ステロイド薬
②脳循環代謝改善薬
③高圧酸素療法
④脳室-腹腔シャント
⑤減圧開頭術

出典:85E40
+ ...

問題12
54歳の女性。右手指のしびれを主訴に来院した。
5ケ月前から右拇指、示指および中指にビリビリした感じがあり、
特に朝、目を覚ました時に強かった。1年前から縫製の内職をしているが、
3ケ月前から針を持つ時に指に力が入らない。
(1)みられるのはどれか?2つ選べ。
①母指球筋の萎縮
②示指伸展筋力の低下
③拇指背側の感覚障害
④肘管部でのTinel徴候
⑤手関節掌屈による感覚異常の増強

(2)最も考えられるのはどれか?
①頚髄腫瘍
②橈骨神経麻痺
③肘部管症候群
④手根管症候群
⑤多発性神経炎


出典:103I56 (2)スレ6 576氏
+ ...
問題13
52 歳の男性。意識障害で搬入された。2年前に離婚し、一人暮らし。離婚後、
飲酒量が増え、毎晩日本酒8合を飲んでいた。久しぶりに妹が訪ねていくと、意識が混濁していたため、
救急車を要請した。体温36.2℃。脈拍104/分、整。血圧130/70mmHg。
両下腿に浮腫を認める。意識レベルはJCSⅠ-3。項部硬直を認めない。
両眼の外転障害と注視方向性の水平眼振とを認める。歩行は失調性、腱反射は両下肢で低下している。
(1)治療として適切なのはどれか。1つ選べ。
① 血漿交換
② ブドウ糖液静注
③ ビタミンB1静注
④ 免疫グロブリン大量静注療法
⑤ 副腎皮質ステロイドのパルス療法

(2)JCSⅠ-3は次のうちどれか?1つ選べ。(追加問題)
①大体意識清明だが、今ひとつはっきりしない。
②見当識障害(時間、場所、人)がある。
③自分の名前、生年月日が言えない。
④普通の呼びかけで容易に覚醒する。
⑤大声または身体をゆさぶることにより開眼する。

出典:104A50
+ ...

問題14
羽ばたき振戦が認められるのはどれか?3つ選べ。
①肝不全 ②腎不全 ③呼吸不全(CO2ナルコーシス) ④心不全 ⑤免疫不全

出典:スレ7 437氏
+ ...

問題15
羽ばたき振戦が認められるのはどれか?2つ選べ。
①Parkinson病 ②糖尿病性昏睡 ③アルコール離脱症候群 ④尿毒症 ⑤Wilson病
アステリクシス、アステレキシス、asterixis =「固定姿勢不能症」=「羽ばたき振戦」
出典:85A31(65A37)
+ ...

問題16
24歳の女性。1年前に重症筋無力症と診断された。
ネオスチグミンによる治療を受け、経過は順調であった。
3日前から激しい咳嗽が出現し、2日前には脱力と呼吸困難を訴えるようになった。
今朝になり不穏状態となったため、来院した。
呼吸数は30/分で、1回換気量は4ml/kgであった。
血液所見:赤沈 26mm/1時間,赤血球 510万,Hb 13.4g/dl,白血球 8900,血小板 22万。
動脈血ガス分析(自発呼吸,room air)pH 7.31, PaO2 60Torr, PaCO2 50Torr, HCO3- 25mEq/l。
直ちに気管挿管し、テンシロンテストを行うと7ml/kgに改善した。
 次に行うべき治療はどれか。2つ選べ。
①アトロピン静注
②ネオスチグミン静注
③副腎皮質ステロイド薬静注
④抗菌薬の投与
⑤テンシロン投与

出典:スレ7 802氏【91F37の改変問題】(参考:血液所見のみ101A56を参考にしました)
+ ...

問題17
82歳の男性。3週前から歩行が不安定となり、記銘力が低下してきた。
5日前から右半身の運動麻痺が進行し、夜間に尿失禁を認めるようになった。
考えられる疾患はどれか?2つ選べ。
①Alzheimer病 ②慢性硬膜下血腫 ③転移性脳腫瘍 ④高血圧性脳内出血 ⑤正常圧水頭症

出典:83B36
+ ...

問題18
46歳。男性。白内障で3年前に手術歴がある。
1年前に検診で脂質異常症が見つかり、抗高脂血症薬を投与したが、効果が乏しいため、
ある疾患が疑われて詳しい血液検査を施行したところCK上昇があり、神経内科に紹介された。
一見すると、普通の中年男性にしかみえないが、顔が大きく痩せてはいないが違和感を感じる。
観察すると、瞳孔の中央付近まで眼瞼下垂があり、瞬目が少なく、眼球運動が少ない。
額がとても広く感じられるのは前頭髪脱毛があるためで、年齢の割にふけて見え、違和感を感じたのはこれらの特徴のためと分かった。
質問をしたところ、一番困っているのは、職場で物をつかんで離す作業が遅くなり、「遅い」と言われることだという。
自分ではさほど困らないと言う。
検査すると、素早く両手を握ることはできるが、全力でも開くのに5秒くらいかかる。
最も考えられる疾患はどれか?1つ選べ。
①筋強直性ジストロフィー ②ALS ③小児麻痺 ④重症筋無力症 ⑤多発性筋炎
+ ...

問題19
筋強直性ジストロフィーに、特徴的でない所見はどれか?1つ選べ。
①self-limiting ②脂質異常症 ③白内障 ④性格変化 ⑤眼瞼下垂
+ ...

問題20
18歳の男子。両下腿部が細くなったことを主訴に来院した。12歳ころから
つまづきやすかった。四肢遠位部に筋萎縮、前脛骨筋に高度の筋力低下、下腿三頭筋と
手指筋とに軽度の筋力低下がある。足部に軽度の感覚障害を認める。正中神経の運
動神経伝導速度は35 m/秒(基準50~60)。なお、父親にも同様の症状を認める。
適切な対応はどれか。2つ選べ。
①アキレス腱の持続的伸張
②レクリエーション療法
③前脛骨筋の筋力強化
④作業療法
⑤短下肢装具の処方

出典:97A45
+ ...

問題21
68歳の男性。軽自動車を運転中に電柱に衝突し救急車で搬入された。意識は清明。激しい頚部痛を訴えている。
上腕三頭筋から両下肢にかけて高度の麻痺を認める。
障害部位はどれか?1つ選べ。
①第1頸髄 ②第3頸髄 ③第5頸髄 ④第7頸髄 ⑤第1胸髄

出典:100H32
+ ...

問題22
40歳の男性。1年前から徐々に歩きにくくなり、1ケ月前から両手のしびれがあり来院した。
深部反射は、下顎反射正常、上腕二頭筋反射消失、上腕三頭筋反射亢進、膝蓋腱反射亢進およびアキレス腱反射亢進が見られた。
最も考えられる障害部位はどれか?1つ選べ。
①橋 ②第3,4頸髄 ③第5、6頸髄 ④第7,8頸髄 ⑤第1,2胸髄

出典:93E15
+ ...

問題23
61歳の女性。10日前発熱と下痢を発症し、3日前に下肢の脱力を訴え来院した。
起立、歩行ができず、四肢に中度から高度の筋力低下が認められる。
深部腱反射は認めない。病的反射なし。
責任病変部位はどれか?1つ選べ。

①大脳 ②脳幹 ③脊髄 ④末梢神経 ⑤筋肉
+ ...

問題24
25歳の女性。最近、右手の使いにくさと両上肢のしびれ感があり来院した。数年前から後頚部の痛みを自覚していた。
頸椎MRIのT1強調矢状断像あり。(頚椎MRI像:脊髄に空洞を認める)
この患者でみられないのはどれか。

①上肢の痛覚低下 ②手指骨間筋の萎縮 ③下肢の振動覚低下 ④膝蓋腱反射の亢進 ⑤上腕二頭筋反射の低下

出典:99H4
+ ...

問題25
星状神経節ブロックで正しいのはどれか?全て選べ。
①ブロック部位はC6又はC7横突起付近で行う。
②適応は、偏頭痛、三叉神経痛、帯状疱疹後神経痛、上肢カウザルキーなどがある。
③ブロックの合併症として、気胸がある。
④ブロックにより、上肢の温度上昇が見られる。
⑤ブロックは、両側同時に行ってはならない。
+ ...
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。