血液・造血器1


※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

更新日時  2012-08-23 17:09:24 (Thu)

問題1
MCV=Ht×10÷RBC(例462万は4.62と入力)
80~100 正常
~80 小球性低色素性貧血 
80~100 正球性正色素性貧血 
100~ 大球性正色素性貧血    で計算される。

また、ヘモグロビン(Hb)の基準値は男14~18g/dl、女12~16g/dlとされる。

では、MCVが80未満で小球性低色素性貧血と計算された場合は、
(1)例えば男ならHbは必ず14未満となっているのだろうか?
(2)Hbが14以上なら、MCVで80未満でも正常と判断して良いのか?
+ ...

問題2
遺伝性球状赤血球症は正球性正色素性貧血?正球性高色素性貧血?
+ ...

問題3
punched-out lesionを示す疾患はどれか。すべて選べ。
(1)痛風
(2)多発性骨髄腫
(3)サルコイドーシス
(4)histiocytosis X(骨組織球症)(LCH)
(5)癌のメタ
+ ...

問題4
成人T細胞白血病/リンパ腫(ATLL)では、どれが致命傷になりやすいか?
①高Ca血症
②WBC上昇
③flower cellと呼ばれる異常リンパ球の出現
④はでな皮膚紅斑
+ ...

問題5
悪性リンパ腫に対する抗癌剤使用により腫瘍崩壊症候群が起きた。
血液検査で認められるデータは次のうちどれか。2つ選べ。
①高尿酸血症
②高乳酸血症
③低リン血症
+ ...

問題6
腫瘍崩壊症候群を防ぐために何をすればよいか?すべて選べ。
① 輸液
② メイロン投与
③ ラスブリカーゼ投与
④ アロプリノール
⑤ ステロイド
+ ...

問題7
以下のうち表試験で偽陰性(エラー)が出る可能性の最も高い物を1つ選べ。

a. 特発性血小板減少性紫斑病
b. 遺伝性球状赤血球症
c. 自己免疫性溶血性貧血(温式)
d. 抗リン脂質抗体症候群
e. 成人白血病
+ ...

問題8
溶血性貧血
何らかの原因で赤血球が破壊されることを溶血といい、
赤血球が何らかの原因で破壊される疾患は症状として貧血を来す。
溶血により赤血球が不足して起こる貧血を溶血性貧血という。
溶血性貧血は一般的には、正球性正色素性貧血を示すが、下記の溶血性貧血のうち2つの疾患では
正球性正色素性貧血とならない。2つ選べ。

①自己免疫性溶血性貧血
②発作性夜間血色素尿症
③バンチ症候群
④鎌状赤血球症
⑤遺伝性球状赤血球症
⑥サラセミア
+ ...

問題9
50歳女性。発熱・倦怠感を主訴に来院。血液検査の結果でWBC上昇・高LDHが認めら
れた。末梢血液塗抹標本で花弁状に過分葉した核を有する血球あり。

この疾患で正しいのはどれか?すべて選べ。
a. 高Na血症による意識障害を来たすことが多い。
b. 紅斑を呈することがある。
c. 異形細胞はCD19・CD20・CD21陽性である。
d. 液性免疫が低下する。
e. 本疾患の病原体による脊髄炎が先行することはあまりない。
f. 垂直感染の場合には経胎盤感染がほとんどである。
g. RNAレトロウイルスであるためプロテアーゼ阻害薬が有効である。
h. 血清sIL-2受容体高値を示すことがある。
+ ...

問題10
56歳の男性。全身の痒みを主訴に来院した。家族・既往歴は特記すべきことはない。
5年前から禁煙。1年前から赤ら顔で,定期健康診断の血液検査で異常を指摘され
たが放置していた。最近,頭重と耳鳴りとを自覚するようになった。呼吸数20/分。脈拍84/分,整。
血圧146/94 mmHg。顔色は暗赤紫色調で口唇にチアノーゼを認める。皮膚には
掻爬痕があり,四肢静脈は怒張している。頚部リンパ節腫大はない。胸部には異常なく,
腹部で左肋骨弓下に脾を触知する。血液所見:赤血球720万, Hb 20.2g/dl, Ht 56%,
白血球11200(好中球75%,奸酸球3%,好塩基球5%,単球3‰ リンパ球14%),血小板54万
総鉄結合能〈TIBC〉376μg/dl基準290~390)。血清生化学所見:総蛋白7.1g/dl,アルブ
ミン4.3g/dl,フェリチン18ng/ml (基準20~120),尿素窒素19mg/dl,クレアチニン0.9mg/dl,
尿酸7.8mg/dl, AST 37単位, ALT 32単位, LDH 430単位(基準176~353), Fe25μg/dl。 CRP 0.2mg/dl。
低下しているのはどれか。 2つ選べ。
① 循環赤血球量
② 平均赤血球容積〈MCV〉
③ 動脈血酸素飽和度
④ 血中エリスロポエチン濃度
⑤ 好中球アルカリホスファターゼ指数

出典:100F-37
+ ...

問題11
保存血中に入っている抗凝固薬のクエン酸Naに関連した問題。

大量輸血の合併症として誤っているのはどれか?1つ選べ。
①高K血症
②代謝性アシドーシス
③肺うっ血
④高Ca血症
⑤出血傾向
+ ...

問題12
1ヶ月の乳児。痙攣を主訴に救急車で搬入された。在胎40週。出生体重3400g、
正常分娩で出生した。新生児仮死はなく、完全母乳栄養で育てられた。
前日の夜から不機嫌となり、吐乳を認めた。
易刺激性があり、来院時の朝に右半身の強直性、次いで間代性痙攣を認めた。
入院後の採血で、穿刺部から血液がにじみ出て止血困難であった。
この疾患でみられるのはどれか。2つ選べ。
①プロトロンビン時間(PT)の延長。
②血小板数の低下
③出血時間の延長
④PIVKA-Ⅱの増加
⑤フィブリノゲンの低下

出典:98I40、79E31(同一症例)
+ ...

問題13
ワルファリンに関する記述で、誤っているものはどれか?
①経口投与によりビタミンK拮抗薬として、血液の凝固因子第Ⅱ(プロトロンビン)、
第VII、第IX、第X因子の合成を阻害し抗凝固作用を得る。
②動脈系と静脈系を含めた血栓予防に使われる。
③効果発現に3~4日かかり、内服中止しても4~5日効果が継続する。
④納豆、クロレラ、青汁はワーファリンの効果を弱めてしまう。
⑤血液検査を定期的に実施する必要はない。
+ ...

問題14
予定手術を控えた患者において、ワルファリンはオペ前にいつ中止すればいいんだっけ?

出典:スレ5 696氏、697氏
+ ...

問題14
5歳の男児。半年前から鼻出血を繰り返すため来院した。他部位に出血傾向は認めない。
体温36.6 ℃。脈拍88/分,整。眼瞼結膜と眼球結膜とに異常はない。心雑音はなく,呼吸音に異常を認めない。
腹部は平坦で,肝・脾を触れない。血液所見:赤血球380万, Hb10.4g/dl,
白血球8000,血小板15万,出血時間10分(基準7分以下),プロトロンビン時間12秒(基準10~14),
APTT 56.4秒(基準対照32.2),血小板粘着能に軽度の低下がみられる。
止血療法に最も適しているのはどれか。
a 第IX因子               b 第ⅩⅢ因子
c ビタミンK              d フィブリノゲン
e デスモプレシン(DDAVP)
+ ...

問題15
36歳の女性。1週間前から出現した皮疹を主訴として来院した。発熱はなく、全身状態は良好で、
発疹は圧迫により消退しない。大腿の写真を次に示す。
(写真は下肢の点状出血斑が散見して見られる)
異常所見を示すのはどれか?1つ選べ。

①プロトロンビン時間 ②RAテスト ③赤血球数 ④好酸球数 ⑤血小板数
+ ...

問題16
網赤血球増加がみられないのはどれか?1つ選べ。
①サラセミア ②遺伝性球状赤血球症 ③血栓性血小板減少性紫斑病(TTP)
④出血性貧血 ⑤骨髄異形成症候群(MDS)

出典:スレ7 595氏(自作103B39と91B47合作)
+ ...

問題17
鉄欠乏性貧血って網赤血球は上がる?下がる?

出典:スレ7 873氏、934氏
+ ...

問題18
58歳の女性。倦怠感を主訴に来院した。
8年前に胃癌で胃全摘術を受け、2年前まで定期的な検査通院をしていたが、特に問題なく体重も回復したため通院を中止した。
2か月前から易疲労感を覚え、最近労作後の動悸と倦怠感とが強い。1か月前の子宮がん検診では異常がなかった。
便通は1日1回、現在便の色調の変化もない。
胸部に異常を認めず、腹部は平坦、軟。腫瘤を認めず、圧痛もない。
血液所見:赤血球260万、Hb 9.2g/dl、Ht 30%、白血球5500、血小板15万。
血清生化学所見:空腹時血糖90mg/dl、総蛋白7.2g/dl、アルブミン4.6g/dl、
尿素窒素12mg/dl、クレアチニン0.8mg/dl、尿酸2.6mg/dl、総コレステロール180mg/dl、
総ビリルビン1.2mg/dl、AST45単位 (基準40以下)、 ALT28単位 (基準35以下)、
LDH 620単位 (基準176~353)、Ca 9.8mg/dl、P 4.4mg/dl、Fe 44μg/dl。

診断は?

出典:スレ8 646氏
+ ...

問題19
黄疸をきたすのはどれか?当てはまるものをすべて選べ。
①巨赤芽球性貧血 ②母児間血液型不適合 ③溶血性貧血 ④先天性胆道閉鎖症 ⑤原発性胆汁性肝硬変
+ ...

問題20
55歳の男性。1か月前から労作時の息切れと舌の痛みとを自覚し,5日前から歩行障害も出現したため来院した。
8年前に胃全摘術を受けた。眼瞼結膜に貧血を認め,眼球結膜に軽度の黄疸を認める。Romberg徴候陽性。
血液所見:赤血球 142万,Hb 6.5g/dl,Ht 19%,網赤血球 14.0‰,
白血球 3100(桿状核好中球 4%,分葉核好中球 56%,好酸球 2%,単球 3%,リンパ球 35%),血小板 8.2万。
血清生化学所見:総ビリルビン 3.3mg/dl,直接ビリルビン 0.9mg/dl,AST 45単位,ALT 34単位,LDH 2100単位(基準 176~353)。
この患者でみられないのはどれか。1つ選べ。

①血清ビタミンB12低下
②抗内因子抗体陽性
③好中球の核の過分葉
④骨髄中の赤芽球増加
⑤Howell-Jolly小体

出典:99H17
+ ...

問題21
24歳の女性。四肢の紫斑と歯肉出血とのため来院し,当日入院した。3日前に手足の紫斑に気付き,1日前から歯肉出血が止まらなかった。
意識は清明。体温 37.5℃。脈拍 88/分,整。血圧 106/56mmHg。上腕と下腿との皮膚に点状出血と径1cmの紫斑とが散在している。
眼瞼結膜は蒼白。口腔内では歯肉の出血と頬粘膜の点状出血とを認める。腹部は平坦,軟で,肝・肺は触知しない。
血液所見:赤血球 290万,Hb 8.7g/dl,Ht 28%,白血球 5600,血小板 1.2万,フィプリノゲン 120mg/dl(基準 200~400),血清FDP 34μg/ml(基準 10以下)。
血清生化学所見:総蛋白 6.7g/dl,アルブミン 4.3g/dl,尿素窒素 22mg/dl,クレアチニン 1.3mg/dl,尿酸 8.8mg/dl,総コレステロール 130mg/dl,
総ビリルビン 0.8mg/dl,AST 38単位,ALT 35単位,LDH 520単位(基準 176~353)。骨髄血塗抹May-Giemsa染色標本を別に示す。
(骨髄血所見:全ての細胞の細胞質に粗大なアズール顆粒を認め、異形成が強い。針状のAuer小体も認められる)
治療法はどれか。2つ選べ。
a シクロスポリン b アントラサイクリン c L-アスパラギナーゼ d 副腎皮質ステロイド薬 e 全トランス型レチノイン酸

出典:99G33
+ ...

問題22
多発性骨髄腫の検査所見で誤っているのはどれか。1つ選べ
a.Anion Gap低下
b.尿酸上昇
c.Ca上昇
d.ALP上昇
e.Alb低下

出典:スレ9 711=766氏
+ ...

問題23

28歳の男性。血液所見:赤血球364万、Hb10.4g/dl、白血球13200(桿状核好中球7%、分葉核好中球78%、好酸球3%、
好塩基球1%、単球8%、リンパ球3%)、血小板26万。
免疫学的所見:CRP6.8mg/dl、Tリンパ球CD4/CD8比0.2(基準0.6~2.9)、β-D-グルカン26.pg/ml(基準20以下)、寒冷凝集素陰性。 
CD4数を計算せよ。

出典:102I75改題
+ ...

問題24
ワーファリンを使用中の患者で、患者の病状は安定している。同じ量を投与していたが、
2ケ月前の血液検査でトロンボテスト100%、今回のトロンボテストで130の時、
ワーファリン量は増量すべきか、減量すべきか、現状維持でよいか?
正しいものを1つ選べ。(トロンボテストの正常値は、100%以上とする)
①増量する ②減量する ③現状維持とする

出典:スレ12 659氏
+ ...

問題25
二相性貧血を示すのはどれか。
a. 鉄欠乏性貧血
b. 鉄芽球性貧血
c. サラセミア
d. 再生不良性貧血
e. 巨赤芽球性貧血
+ ...

問題26
次の中で巨大脾腫を最もきたしにくいはどれか。
a. マラリア
b. 骨髄線維症
c. 慢性骨髄性白血病
d. 温式自己免疫性溶血性貧血
e. Banti症候群
+ ...

問題27
末梢血白血球数の減少がみられないのはどれか。

a 巨赤芽球性貧血
b 食道静脈瘤
c 全身性エリテマトーデス
d 全身性炎症反応症候群<SIRS>
e 副腎皮質ステロイド薬投与

出典:スレ15 209氏
+ ...

問題28
鉄欠乏貧血に続発するのはどれか。
a)上咽頭癌
b)下咽頭癌
c)食道癌
d)急性骨髄性白血病
e)申請赤血球増多症

出典:スレ15 388氏
+ ...

問題29
リンパ節腫脹の好発部位との組み合わせで正しい物を全て選べ

a. 下顎角直下 - 化膿性扁桃炎
b. 耳介後部  - 流行性角結膜炎
c. 顎下部   - 舌癌
d. 後頸部   - 風疹
e. 左鎖骨上窩 - 胃癌

出典:スレ15 404氏
+ ...

問題30
血球貪食症候群で増加するのはどれか?2つ選べ。
①白血球 ②血清フィブリノーゲン ③血清LD ④血清フェリチン ⑤血清補体価

出典:103I15
+ ...

問題31
つぎのうちdry tapをきたさないものはどれか。

a.Hairy cell leukemia
b.癌の骨髄転移
c.骨髄線維症
d.CMLの急性転化
e.MDS

出典:スレ20 37氏
+ ...

問題32
次のうち多発性骨髄腫に関係のないものを選びなさい。

a.Mタンパク血症
b.骨打ち抜き像
c.形質細胞
d.変形性膝関節症
e.Congo red 染色

出典:スレ20 284氏
+ ...

問題33
成人T細胞白血病/リンパ腫(ATLL)では、どれが致命傷になりやすいか?1つ選べ。
①高Ca血症
②WBC上昇
③flower cellと呼ばれる異常リンパ球の出現
④はでな皮膚紅斑

出典:スレ22 516氏
+ ...

問題34
環状鉄芽球が見られることが多いものを3つ選べ
a)鉄芽球性貧血
b)骨髄異形成症候群
c)赤白血病
d)慢性リンパ性白血病
e)慢性骨髄性白血病

出典:スレ24 884氏
+ ...

問題35
ビタミンB12欠乏性の巨赤芽球性貧血のとき投与してはならない薬剤何か?
またその薬剤を投与した結果なにが起こるか?

出典:106回スレ 忍法帖【Lv=40,xxxPT】氏(61氏)&70氏
+ ...

問題36
鉄欠乏貧血に続発するのはどれか。
a)上咽頭癌
b)下咽頭癌
c)食道癌
d)急性骨髄性白血病
e)真正赤血球増多症

出典:106回スレ3 443氏
+ ...

問題37
輪状後部癌は女性に多い。○か×か。

出典:106回スレ3 445氏
+ ...
ツールボックス

下から選んでください:

新しいページを作成する
ヘルプ / FAQ もご覧ください。