※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

PanasonicのCF-R4(HW4AXR)へのSSD換装手順(まるごと環境移行編)


基本的な手順はLet'snote テンプレ Wiki参照のこと

【用意したもの】

1.SSDの購入
 安かったのと、インターフェースがIDEのSSDが少なかったので、CFDのCSSD-PNM64WJ2(64GB)を購入

 ¥11,375で購入可能(2011/1/1時点)
2.IDE-USB変換ケーブル
 IDE&SATA両用、2.5インチ&3.5インチ対応。¥2480
3.Acronis Migrate Easy 7.0
 年越しダウンロード祭り!&会員登録で500ポイントプレゼント併用で¥1,282
4.Virtual Floppy Drive
 フリーソフト。FDD起動ディスク作成用
5.DVDドライブ


手順

1.SSDの初期不良チェック
  • 換装用SSDをIDE-USB変換ケーブルでPCに接続
  • [ファイル名を指定して実行]→[diskmgmt.msc]でディスク管理を起動
  • パーティション作成とフォーマットを実行

2.起動用フラッシュメモリ作成
  • Virtual Floppy Drive起動
  • 「ドライバ」タブにて「開始」ボタンをクリック。
  • 「ドライブ0」タブにて、「変更」から適当にドライブレターを指定
  • 「開始/新規」をクリック後、「開始」をクリック
  • マイコンピュータから先に指定したドライブを右クリックし、「フォーマット」→「MS-DOSの起動ディスクを作成する」
  • HP USB Disk Storage Format Toolをダウンロード
  • HP USB Disk Storage Format Toolをインストールし起動
  • Device:USBメモリのドライブが選択されているか確認。
  • File system:FAT32 または FATを選択。
  • Volume label:空欄
  • Quick Format:チェックなし
  • Create a DOS startup disk:チェック。
  • using DOS system files located at:上記仮想FDD
  • その後「Start」をクリック。

2.HDD→SSDクローニング
  • [c:\util\oxp\tools\showRHDD.js]を実行。再起動後にリカバリ領域可視化
  • USBでSSDを接続、DVDドライブも接続してMigrateEasyをCDブートで起動
 ※WindowsXP上でクローン処理を行うと失敗する
  • 「ディスクのクローン作成」を選択
  • クローンモード「手動」を選択
  • 移行元HDDを選択。リカバリ領域の容量を正確にあわせる(3.003GB)
  • 移行先HDDは「移行先HDD上のパーティションを削除」を選択
  • 元のHDDの処置は「データを保持」を選択
  • 移行方法は「手動」を選択。「レイアウト変更を行う」をチェック
  • リカバリ領域を先にメモした容量で最後方に割当
  • 余った領域をCドライブに再割当
  • 割当が完了したら「レイアウト変更を行う」のチェックを外して次に進む
  • コピー実行

3.SSD換装、起動可能に。ただしリカバリはできないので要注意