※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

PanasonicのCF-R4(HW4AXR)へのSSD換装手順(リカバリディスクからのリカバリ編)


基本的な手順はLet'snote テンプレ Wiki参照のこと

【用意したもの】

1.SSDの購入
 安かったのと、インターフェースがIDEのSSDが少なかったので、CFDのCSSD-PNM64WJ2(64GB)を購入

 ¥11,375で購入可能(2011/1/1時点)
2.IDE-USB変換ケーブル
 IDE&SATA両用、2.5インチ&3.5インチ対応。¥2480
3.Virtual Floppy Drive
 フリーソフト。FDD起動ディスク作成用
4.DVD-RWマルチドライブ
5.B'sRecorder
6.DVD-R


手順

1.SSDの初期不良チェック
  • 換装用SSDをIDE-USB変換ケーブルでPCに接続
  • [ファイル名を指定して実行]→[diskmgmt.msc]でディスク管理を起動
  • パーティション作成とフォーマットを実行

2.リカバリディスク作成
2.1.リカバリデータ保存
  • エクスプローラのフォルダオプションを変更
  • 「すべてのファイルとフォルダを表示」を選択
  • 「保護された~」を外す
  • [c:\util\oxp\tools\showRHDD.js]を実行。再起動後にリカバリ領域可視化
  • Cドライブに適当な作業フォルダを作成し、リカバリドライブの内容全てをコピー
2.2.不足ファイル補完
  • Microsoft サポートからMSCDEX223をダウンロードして実行
  • 解凍したMSCDEX.EXEを取り出し、作業フォルダ[\windows\command]にコピー
  • 作業フォルダ「\tools」にある「CHKAC.EXE」を同じフォルダにコピー
  • 「コピー ~ CHKAC.EXE」を「jchkxpp.exe」にリネーム
2.3.起動用フロッピーデータ作成
  • Virtual Floppy Drive起動
  • 「ドライバ」タブにて「開始」ボタンをクリック。
  • 「ドライブ0」タブにて、「変更」から「A」ドライブを指定(必須)
  • 「開始/新規」をクリック後、「開始」をクリック
  • マイコンピュータからAドライブを右クリックし、「フォーマット」→「MS-DOSの起動ディスクを作成する」
  • 起動FD内のファイルを一旦全て削除
  • 作業フォルダから以下のファイルを起動FDにコピー
 [COMMAND.COM][IO.SYS][MSDOS.SYS][CONFIG.SYS][AUTOEXEC.BAT][SETENV.BAT]
  • 作業フォルダから[WINDOWS]フォルダと[JA] or [FD_JA]フォルダを起動FDにコピー
  • PanasonicサイトからMS-DOS版USBドライバをダウンロード
  • ドライバを解凍し[usbaspi.sys][usbcd.sys][ramfd.sys]を起動FDにコピー
2.4.設定変更・修正
  • 起動FD[config.sys]のドライブ名[c:\]を全て[a:\]に書換
  • 起動FD[config.sys]の最終行に下記3行を追加


DEVICE=A:\RAMFD.SYS
DEVICE=A:\USBASPI.SYS /E
DEVICE=A:\USBCD.SYS /D:MSCD000

  • 起動FD[setenv.bat]の環境変数%BOOT%と%DVD%を修正


rem -- Boot device --
rem set BOOT=HD
rem set BOOT=FAFD
set BOOT=USB
rem set BOOT=BUILTIN
....
rem -- DVD flag --
rem In DVD, a value is "TRUE". Otherwise, comment out.
set DVD=TRUE

2.5.ブータブルDVD作成
  • B'sRecorder起動
  • 作業フォルダの内容全てをDVDルートディレクトリに展開
  • トラック01のプロパティを開き「起動ディスクから作成」でブータブル設定
  • ボリューム名称を[RECOVERY]に設定
  • ディスクアットワンスで焼く
2.6.動作確認
  • 再起動して[F2]を押しBIOS設定画面に入る
  • USB-CDの起動優先度をHDDより上にする
  • リカバリDVDで起動。選択メニューまで表示されれば成功

3.SSD換装
4.リカバリディスクでリカバリ
【参考】
Let'snote テンプレ Wiki
PC分解Web