※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「日本史概説3」の編集履歴(バックアップ)一覧に戻る

日本史概説3 - (2007/06/29 (金) 15:46:55) の1つ前との変更点

追加された行は青色になります

削除された行は赤色になります。

+*日本史概説3 2007年度1学期期末試験
+**教員:中N
 
+次の各問にそれぞれ300〜400字程度で回答せよ。
+
+1、日本史の「近代」の始期に関する諸説を挙げ、
+それぞれメルクマールになっているのが何か述べよ。
+
+2、襖の下張り文書とはどのようなものか述べよ。
+
+3、幕末・維新期の立憲君主制導入過程において加藤弘之の果たした役割について述べよ。
+
+4、太政官制と内閣制の相違点について述べよ。
+
+5、明治21年(1888)の町村制によって成立した近代の「村」の特質について述べよ。
+
+時間制限ほぼ無し/途中退室不可(授業終了後、休憩時間いっぱいまで回答時間可)
+B4レポート用紙2枚配布(1枚でもいい)/持込み可