|新しいページ|検索|ページ一覧|RSS|@ウィキご利用ガイド | 管理者にお問合せ
|ログイン|

台湾のために!(日本語)

    
※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

                            作者 reccaX@Ptt.cc
                            翻訳 imfafa@Ptt.cc



あれはただ、ひとつの小さな戦争にすぎない。

そう。それは偉い人達が知らない小さな戦争だ。
おそらく三年か五年が経ったら、忘れられてしまうだろう。
いや、それよりもっと短いかもしれない。一ヵ月後、皆に忘れられるかもしれない。

でも、我々は参戦した。


我々の手に持ってるのは銃砲ではない。
我々は硝煙弾雨で紛乱な戦場に向かう必要がない。

我々は、ただ5mbだけのプログラムと、三千円以下のマウスと、
ネットに繋がったパソコンで戦ってる。

我々は自らの命を危険にさらす必要はない。戦火の前端に立つ必要がない。

快適なエアコンがついてる部屋でウェブページを見ながら、
グリースモンキーやαシリーズを働かせるだけだ。


おかしいかも知れない。ただの自己満足かもしれない。


だけど、我々は闘ってる。国のために闘ってる。
我々は、我々が愛する台湾のため、闘ってる。


  「ほら、日本人も我々の努力をたたえてるよ。」

  「ほら、中国人も我々になかなか勝てないな。」


戦闘してるだけで光栄だ。たとえ傷跡をひとつも残さないでも光栄だ。
領土を何ら拡張していなくても、敵を一人も倒さなくても。

それでも我々は闘ってる。ただ軽くクリックしてるだけだけど、
それで世界中に「台湾」の声を聞かせることができる。



  「見ろ。台湾は三番目になったな。」

   金髪碧眼のお父さんはその美しいL字の曲線を指して、囁くように言った。

  「でもでも、タイワンはどこにあるの?」

   まだ学校に通ってない子供は、どこかの国の訛りで質問した。

  「こっちだよ。見てみろ。日本とハンガリーに比べれば、こんなに小さい国だな。」

   お父さんが広い太平洋の上のどこかを指した。

   その小さくて殆ど見えない小島は、
   上の人は自分の私利私欲のため、或いは信念のために、
   二つ色に分られた小さな島。


あと数年、世界中の人々はこの戦争のことを忘れるかもしれない。

あと数年、台湾はもう台湾であることもできないかもしれない。


だけど、我々は一生懸命頑張って戦った。台湾のために頑張って戦った。それでいい。


それだけでいい。




     そして諸君……


          台湾のために、一緒に戦わないか?








     伝言を残していただきましょう! >>> Guestbook